シリーズアキバ

新聞、テレビは死すべきか

Pocket

シリーズ私が権威、つまりここでいう新聞やテレビの報道が嫌いであることは今更ページを割いて書くまでもありません。下卑た報道、無能な連中を弄ぶ番組。そういった物は心底消えて無くなれと。そう思っていることは今も変わりません。しかし、時代は再び変わりました。5年、10年前とは既に違うのです。今こそメディアの認識を改める時期ではないか。私にはそう思えるのです。


世間が感じているであろう認識は、こうである。と仮定します。

・現代におけるメディアはインターネットで、新聞・テレビは悪である

少なくともネット利用者の中ではそれなりの人数がこういった認識を共有しているでしょう。しかし、私にとってこの認識は、2000年代前半の認識で、最早通用しないと考えます。

今後は、次のように認識を改めていただきたい。

・現代におけるメディアはエリート専用メディアであり、マスメディアではない

つまり、新聞もテレビもネットも悪であり、信頼できる人間同士、少数派どうしの情報交換以外は今後取るに足らない物になる。私はこう考えております。

無料のコンテンツが増えました。情報はタダだと考える人が今まで以上に増えたであろう事は容易に想像できます。彼らはこう言います。「ネットでニュースは見るから、有料のメディアなんて要らない。欲に目が眩んだニュースは信用できない」と。

この認識が既に賞味切れ。2010年からは、「無料という言葉に目の眩んだ業突く張り」相手の商売が有料コンテンツを殺すでしょう。無料のテレビは広告主の意向を無視できないので使えない。では、ネットは広告主が居ないんでしょうか。子、孫引きニュースサイトの情報の信憑性は誰が保証するのか。金のかかる調査や、産業や官僚の汚職は誰が暴くのか。

ネットが今まで評価されてきたのは、少数のエリートによって構築され、性善説の中で細々と良質のコンテンツが提供されてきたからです。そういった努力がネット上に様々な情報や形式のサイトの構築に結びついてきました。しかし、現在はそういったインフラを「創れないユーザー」のタダ乗りが中心となってしまった。テレビや新聞が衰退する中で、エリートではない人間が大量に移住してきたらばどうなるか?当然、「金」にこだわる連中も移住してくるわけです。

新聞やテレビと同じく、ネットが皆様が心底毛嫌いする「金の亡者」の巣窟になるだけ。これを防ぐ方法はひとつです。ネットを皆様がお使いにならないで過ごすこと。こうすれば良質なコンテンツが中心の情報源で居られます。「え?それじゃあ俺たちがタダで情報が得られない?」そうですよ。得られません。情報はタダじゃないんです。人間生きてればハラが減る。ハラを満たすには金が要る。命を金に換えてるわけですからね。タダで全てを済まそうと思えば、広告主が居ないといけないわけです。その辺りを深く考えた上で、「ネット最高!新聞死ね!」と仰られているとは思えないんですよ。ニュースサイトや2chの情報の多くだって、テレビや新聞、調査機関が情報元でしょう?今のままだと大元である親ニュースが死ぬ。死んだらなーんにも無くなっちゃうんですよ。

インターネットとは、相互に情報をやり取りする道具であって、産業であってはならないのかもしれません。学者同士の意見の交換から始まり、文学評論や知識の蓄積に用いられるのであれば良いのですが、そういった人間はある程度割合が決まっているわけでして、「クリエイター」以外の「ユーザー」が増えてしまうと、大多数の「ユーザー」を相手にする商売が生まれてしまうんですね。

今後、インターネットの階層化を目指すのか、インターネットの質が低下し続けるのか。それは分かりませんが、確実に言えることは、物の本質が分からん人間が増えたということです。今こうしてブログを巡っている行為ですら、もしかするとインターネットの質を下げているのかもしれない。こうして打ち込む文字すら、ネットの粗悪化を進行させているのかもしれないのです。

価値ある情報(何をもってしてそう言うのか分かりませんが)を得続けるためには、自分はネットを使わないようにしなければならない。こういうジレンマが発生する時期になってしまいました。

ピックアップ記事

  1. 謹慎と不謹慎のあいだ
  2. 日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  3. 書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  4. 電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
  5. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips

関連記事

  1. シリーズアキバ

    NHKの脳関連番組その①

    東北大学教授川島先生がNHKに出ていたようなので見てみました。この人で…

  2. アキバ系雑談

    何でもタダだと思う風潮に拍車がかかってるんじゃなかろうか

    ネット=無料、情報は全てタダ。本?ゲーム?あらゆるコンテンツ、データは…

  3. シリーズアキバ

    子供の教育について

    学力低下が叫ばれている昨今。実はこの論争1970年頃からあ…

  4. KING PRESS

    独善の夏、日本の夏 ~北村潤騒動を受けて~

    突然ですが……という語りはじめで、本当に突然「アフリカの飢餓について」…

  5. シリーズアキバ

    薄給激務でも本を作る理由ってのがあってね

    編集者は並の人間だと2~3人分は働いてるらしい。でも、先輩方は3~5人…

  6. アキバ系雑談

    週刊誌化する新書たち

    最近とみに感じられるのが、新書の増加に伴い、競争率の激化、販売数勝負で…

人気記事

最新記事

  1. 格ゲーは勝てないからおもしろくない、初心者排除だ問題
  2. ツイッターのタイムラインが消えたりリプライ(会話)だけになる…
  3. 電子書籍の普及は、アダルトパワーの活用しかないと思う
  4. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips…
  5. Xbox ONEでACE COMBAT6(エースコンバット6…
  6. モンスターボールPLUSのインプレッション(レビュー)
  7. 娯楽としてのネットの自由はもういらないのでは?

レコメンド

  1. シリーズアキバ

    物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  2. アキバゲーム

    パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  3. アキバ系雑談

    書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  4. アキバ系雑談

    日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  5. シリーズアキバ

    ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
PAGE TOP