アキバ系雑談

いつから我々はインターネットを諦めたのだろうか

Pocket

ota2恐らく、20代中後半~の皆様、テレホマン世代ならきっと懐かしさを共有できるのではないでしょうか。あの頃はFLASH作ってたなあ…エヴァとかの。1700ダウンロードとかになって歓喜したっけ。窓ME時代に編集ソフトをえっちらおっちらイジりながら…。こういう時代を知っている人間と知らない人間とでは、オタクとしての厚みが全然違う。と最近感じるわけです。


それだけ年食ってるんだから当たり前なんですが、それだけではなかったようにも思う。

あの頃の空気、あの頃の意味。今とは違う。煽り、殺人予告(実際に起こった西鉄バスジャック事件)、クソスレ乱立…今も昔も変わらないように見えるが、そうではない。あの頃は本当にか細い物だが、一本、確実に芯があった。大衆化の波を喜び、その中で生まれ来る問題に歯軋りし、2000年頃の自分達はああでもない、こうでもないと言いあった。今のようにインターネットを、掲示板を諦めていなかった。

当時のFlashを見ると、目頭が熱くなる。単純な懐かしさではない。
クリエイティブで、夢見がちで、真面目でどこまでも青臭かった時代の鮮やかさが思い起こされ、今のくすみきった自身が恥ずかしく、涙を呼ぶのだ。

あの若々しさではない、初々しさでもない、瑞々しさでもない何か。
新時代の到来を喜び合いながらも、口にも出さず、仲間を見つける為に右往左往するでもなく。それでもどこかで繋がっていた。そんなネットが今でもあるだろうか。今思えば、あの時代、あの場所こそ桃源郷だったのだろう。自分がそれを守れなかった悔しさは、今もどこかにくすぶっているように思う。

信者、派閥、老若男女の別などよりも、ネットを使う人間同士で繋がっていた、完全に仮想化された世界を認識していなかった我々は、現実の延長としてネットを使っていたからだろうか。今の若い子は…と言う為にこんな事を言っているのではなく、私を含めた大人がネットを救えなかったのではないかと。勝手ながらに責任を感じるのです。もっとより良い何かがあったのではないかと。あったに違いないと。そう思わない為に、責任から逃れる為に、時代が変わった、利用者が変わったと吐き捨ててきた。

我々はいつからインターネットを諦めたのだろうか。

ピックアップ記事

  1. 書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  2. 「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  3. ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
  4. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  5. 謹慎と不謹慎のあいだ

関連記事

  1. シリーズアキバ

    2010年はネット言論の終焉かもしれない

    掲示板とかで偉そうに物を言ってる連中が、世間ズレどころか真逆だって事。…

  2. アキバ系雑談

    生きてるだけで丸儲け

    自殺しようという人に、生きる希望とか勇気とかいう人が居るが、あれほど信…

  3. シリーズアキバ

    ワンテーマゲームの価値

    ワンテーマを用意してのゲーム開発、そこから無駄に枝葉を伸ばさない姿勢。…

  4. シリーズアキバ

    アキバ関連報道蔵出し第2弾

    今回も多くは語りません。TOP絵はアキハバラ48です。一部で落ち目だな…

  5. シリーズアキバ

    秋葉原はコミケ後初の週末を前に同人誌出揃う(18禁)

    秋葉原の同人誌委託が一通り出揃った感じがあります。まだ委託が始まってい…

  6. アキバ系雑談

    アニソンについての経歴詐称

    人生で始めて買ったCDがアニソンです。だなんて言っていた件。アニソン暦…

人気記事

最新記事

  1. モンスターボールPLUSのインプレッション(レビュー)
  2. 娯楽としてのネットの自由はもういらないのでは?
  3. キャッシュレス・電子マネー反対派よ、有人レジはキャバクラだよ…
  4. スマホが縦長だからって縦動画になるもんかね
  5. 書店と書店員のブランド化が危険だなぁと思う理由
  6. 新潮社の本は置きませんという本屋の宣言について
  7. 若者のための「新世代党」とかいう試案

レコメンド

  1. アキバゲーム

    パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  2. アキバ系雑談

    電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
  3. シリーズアキバ

    ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
  4. シリーズアキバ

    物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  5. KING PRESS

    謹慎と不謹慎のあいだ
PAGE TOP