アキバレビュー

『ワンピース3Dマウスパッド ニコ・ロビン』レビュー

Pocket

IMG_0999ワンピースのいわゆる「おっぱいマウスパッド」です。ナミやハンコックといったキャラを買わないのが私らしさでしょうか。生まれつきの自爆スキーで、人様に後ろ指を差される事が大好きな、典型的トリックスター、マゾヒストなんです。今回はそんなこんなで「ワンピース3Dマウスパッド ニコ・ロビン」を簡単にレビューしたいと思います。


画像は特に胸を強調してあります。クリックで拡大可能なはずです。
さて、このマウスパッドについて簡単にまとめますと、

【良い点】
・机周りが華やぐ
・当然胸の部分がアームレストとなって具合が良い
・なにやら幸せな感触に思える(意味も無くアームレスト部分を押して幸せを得られる)

【悪い点】
・机周りが華やぎ過ぎる(自分のような変態なら周囲に諦められているので問題ないが、使用は計画的に)
酷く臭いがある

特に2つ目が大問題で、滑り止めの裏面の樹脂なのか、アームレストのビーズ部なのか、カビくさいような酷く鼻につく臭いがします。これが一番のマイナスポイント。使用をためらうレベルの臭いです。これさえなければ非常に良い製品なのですが、購入から2週間ほど使っていても未だ臭気があり、職場などでは使わないでしょうが、各方面で相当迷惑です。

このような臭いに対しても許容できるだけの愛情があれば、この製品は買いだと思います。
価格的にもこなれてきておりますし(一時期プレミア価格だった)、ワンピースファンでなくとも、アニメグッズを側に置き、さりげなくマンガなどに造詣が深いことをアピールするのにいかがでしょう。その際は臭気の対策を考えなければ、ただでさえ気味悪がられるかもしれないので…注意です。

     

個人的にはロビン>ハンコック>ナミの順で好きなわけですが、
ロビンを選んだのはそれだけではなく、元々肌が褐色なので、酷使して手垢や汗染み、マウスの汚れが付いても目立たないかなと。そんなに酷使するような物でもないのですが…。と言いつつ、常時机の上に乗って居ります。会社のデスクで使うと流石にマズイだろうなあ。新人の分際で!ってなるだろうか。

ピックアップ記事

  1. 物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  2. 謹慎と不謹慎のあいだ
  3. 日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  4. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  5. 「擬古とギコ猫」流行語は下賤か

関連記事

  1. アキバレビュー

    アニメ化された『はなまる幼稚園7巻』レビュー

    アニメ化された作品を買うのはとても抵抗がある。連載開始の頃からのファン…

  2. アキバゲーム

    『ナムコミュージアムバーチャルアーケード』レビュー2

    プレイしていて気付いた点が少しあったので再度更新いたします。ナムコミュ…

  3. アキバレビュー

    恋のキューピッド焼野原塵3巻 レビュー

    恋のキューピッド焼野原塵3巻(完結)。魔王から恋のキューピッドへと転身…

  4. アキバレビュー

    『蒼天の拳 20巻』レビュー

    蒼天の拳最新刊。今回は劉家拳の劉宗武との死闘、「天授の儀」編。バンチを…

  5. アキバゲーム

    Toropico 3(トロピコ3)攻略日記2

    最も小さな島に500人も住むとなると、かなり練りこまないと手狭に。場所…

  6. Book-Grub

    コロコロ創刊伝説 のむらしんぼ再起の熱筆!

    つるピカハゲ丸といえば、90年前後にコロコロコミックを読んでいた読者で…

人気記事

最新記事

  1. 格ゲーは勝てないからおもしろくない、初心者排除だ問題
  2. ツイッターのタイムラインが消えたりリプライ(会話)だけになる…
  3. 電子書籍の普及は、アダルトパワーの活用しかないと思う
  4. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips…
  5. Xbox ONEでACE COMBAT6(エースコンバット6…
  6. モンスターボールPLUSのインプレッション(レビュー)
  7. 娯楽としてのネットの自由はもういらないのでは?

レコメンド

  1. アキバ系雑談

    書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  2. アキバ系雑談

    「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  3. アキバ系雑談

    電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
  4. シリーズアキバ

    物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  5. KING PRESS

    謹慎と不謹慎のあいだ
PAGE TOP