アキバ系雑談

そろそろ人権団体とか名誉毀損、営業妨害で訴えるべきでは

Pocket

秋王Xbox360というゲーム機を目の敵にする人間が居ります。かく言う私も延々と嫌がらせを受けており、目下対応を検討中です。彼らは360を所有している人間には何をしても良いと思っているらしく、全く言葉が通じません。非常に危険なのでそういう人物に洗脳されないようしないといけません。


どのように危険かと言いますと、サイトを閉鎖させようと嫌がらせのコメントを付けたり、誤情報を流して360やWii、DSのソフトを売れないようにしようとします。彼らの情報を鵜呑みにしてはいけません。通販サイトや口コミサイトにまで彼らは現れ、自分の信奉するゲーム機以外のゲームを貶めていきます。

代表的な物についてまとめておきましょう。

・360ユーザーは痴漢である
・WiiやDSを持っている人間は豚である
・360やWii、DS等を持っている人間は朝鮮人である
・(上に同じ)は知的障害者である

といったものが彼らの基本スタンスです。なぜそういう事になっているのか、という理由はありません。彼らがそう決めたからそうなのです。撤回を求めようとしても無駄で、彼らには言葉が通じませんから、議論しようとしてはいけません。

中でも酷い物は、

・360を起動するとキムチが噴き出して目が潰れる
・360を持っている人間は歩行者天国で人を殺す
・Wiiを買う奴は知恵遅れ、ガキ、情報弱者

など、とても人とは思えないような書き込みをし、掲示板などを混乱させます。
彼らは任天堂やマイクロソフトが朝鮮企業であって、それらを買う人間は売国奴か半島人だと罵ります。
これはどう考えても人権侵害です。韓国や北朝鮮といった地域に偏見を持っていることは明らか。

また、~ユーザーは知的障害者だとか、オリンピックよりパラリンピック向きだ。などと障害を持っておられる方への偏見、人権侵害も何とも思っておりません。

最早書くまでもありませんが、Wiiや360を起動することでキムチが噴き出して目が潰れる事なんてありませんし、体に異常をきたすこともありません。

彼らの書き込みを見る事の方が余程人間、社会にとって不利益です。
こういった人間を看過し、表現の自由というグレーゾーンでネットの運用をパンドラの箱とする時代は終わりました。そろそろ実社会同様に問題のある人間は逐一処罰すべきではないかと思う次第です。

ピックアップ記事

  1. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  2. 日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  3. ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
  4. 謹慎と不謹慎のあいだ
  5. 物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない

関連記事

  1. アキバゲーム

    次世代ゲーム機(Xbox360)で遊ぼう!

    【Mission】 新生活、充実したゲームライフの為に5万円用意せよ!…

  2. アキバ系雑談

    ハンディカメラとスマホのカメラ

    カメラ好きからは携帯のオマケ、オモチャといわれていたカメラ。いまでもそ…

  3. アキバゲーム

    メモリーズオフとドリームクラブ、オマケでDCのギャルゲについての雑文

    「負けハードw」等の罵られることも多いXbox360。ギャルゲーが出る…

  4. アキバ系雑談

    トンデモ本を読むときの対処法

    最近トンデモ本が出回ってイロイロと大変ですね。そこで、今回は、そんなト…

  5. アキバ系雑談

    アキバが暑いのは私のせい?

    などとつまらぬ発言をしてみますw毎度毎度、君が萌え続ける限りアキバ…

  6. アキバ系雑談

    ゲーマー向けオリジナルTシャツ作成中

      いろいろ作っては街を歩いております。カラーバリエーション、…

人気記事

最新記事

  1. オタクとリベラル
  2. 責任をとるということ
  3. リスクの可能性がゼロでないなら規制すべき?
  4. ヴォルテールの寛容論とその人
  5. ネットやメディアの「賛否両論」について思う
  6. 「権力は監視しないと危ない」について
  7. 災害が頻発することを最大のチャンスと捉えたい

レコメンド

  1. アキバ系雑談

    電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
  2. アキバゲーム

    パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  3. シリーズアキバ

    物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  4. アキバ系雑談

    書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  5. KING PRESS

    謹慎と不謹慎のあいだ
PAGE TOP