アキバ系雑談

今後の書店経営

Pocket

ヒューゴー私は書店経営の経験も何もありませんが、書店と出版社が今後やっていくべき道、連携についてはちょっと考えがありまして。それはまあ、腹案(某首相のおかげで覚えた)ということで秘匿しますけども…。 これからの書店は、最強の読者になる必要がある。配本システムにあぐらをかいていたんじゃあダメ。古書店の老主人のように、あらゆる本に精通し、どの棚に何があるかまで完全に把握してなきゃ。


大きい書店なら、専門担当が居て、ファッションだとか、将棋だとかジャンル別に凄まじい知識と読破率を誇る、信頼できる店員を並べないといけない。あれが売れる、これが売れるではもうキオスクとコンビニに勝てない。

日本で本が売れるのは順に、コンビニ、駅売り、大学生協。

書店…大敗北。もう既に書店に立場など無いわけです。電子書籍がどう、こう以前の問題で、経営に関してテコを入れなければならない。安い人材を使って利益を得ようなどという、「安い」発想ではいけない。本の何たるかを熟知した、信頼できる店員の配置が望まれる。

売らんかなな本が並んだ駅前の大型書店より、神保町のようなこの本なら薦めても恥かしくない!と言える本を平積みにし、POPを書くような顧客本位の経営が望まれる。自分が秋葉原の書泉ブックタワーを愛用するのはここにある。(有隣堂も全く悪くないんですけど、書泉の方がより通な本を並べるんですよ。私の肌に合っていると申しますか)

専門書店化が進行しても良いと思う。
専門担当者を配置すれば従来型大型店舗でも構わない。
売り逃げする本を作って喜んでいるのも問題だが、それで良いと思って売っている店舗にも問題はある。雑誌は旨みの多い商材だが、情報の鮮度と読み捨てるスタイルから電子書籍と相性は良い。何より雑誌広告は急激にその量を減らしている。雑誌ももうドル箱ではない。

雑誌が書店から消えていけば、書店はどうやって食いつなぐのか。
やはり、読書家を相手にしなければならなくなるだろう。
今から心づもりだけはしておいてはどうか。

レコメンド

PAGE TOP