KING PRESS

統一球の変更について、NHKが印象操作を行う

Pocket

統一球

野球にお詳しい方は今更という部分でしょうが、プロ野球は2011年シーズンより
統一球という飛ばないボールを採用しました。しかし、このボールは選手の中か
ら、あまりにも飛ばない(反発係数が低過ぎるのではないか)、濡れたスポンジ
を打っているようだという声があがっており、現にホームランの数は激減し、防
御率(投手が一試合で何点取られるかの指標)は極めて優秀になり、数年に一度
しか達成されないような記録がバンバン飛び出すという異常事態となりました。

この飛ばないボールのせいで、打撃を得意としていた多くの選手が成績を落とし、
引退を余儀なくされたり、減俸を受けたりしていたのですが、問題はここからで、
実はこの統一球、プロ野球の規定しているボールの品質を下回るものだったので
す。どういうことかといいますと、ボールは工業製品とはいえばらつきがあるた
め、反発係数をここからこの範囲内におさめてくださいというルールがあるので
すが、このボールを納入していたミズノ社と、採用していた日本の野球機構が、
規定よりも飛ばないボールが多数混入していることを知った上で隠蔽し、2011年
2012年と採用し続け、2013年も規定内に収まった同じボールだと言い張っていた
のです。

 


統一球

しかし、実態は異なり、2013年シーズンからこっそりとボールの反発係数を
上げたうえで、口裏を合わせていたことが発覚しました。これは重大なルー
ル違反です。プロ野球の規定に収まらないボールを使っていたのですから、
昨シーズンまでの選手成績は参考成績。つまり、2011~2012年は、プロ野球
ではなかったともいえる大問題なのです。

ただ、今回問題にしたいのはプロ野球機構とミズノ、及びコミッショナーの
責任ではなく、NHK等マスコミ各社が軒並み「今年は飛ぶボールを使ってい
た!」「今年はホームランが出やすい」と、今年の野球が問題であるかのよ
うに扱っている点です。街の声として、「飛び過ぎだと思った」などという
インタビューを持ってきているあたりに、担当者がまったくのド素人なのか、
それともマスコミ全体で歩調を合わせているのか、まるでトンチンカンな報
道がなされています。

統一球問題

ただ、私が印象操作だというのには、今シーズンがはじまった直後から、何
だかホームランがよく出るなという話はあったにも関わらず、どのマスコミ
も反発係数を調べようとしなかったという、暗黙の了解とも思える共同戦線
の存在が見え隠れしていたためであります。ボールは割って調べればわかる
のですが、スポーツ紙や専門誌ですらそれをしない。「明らかに何かある」
と感じていたファンは多かったのですが、やはりといったところでしょうか。

改めて申し上げますが、ボール自体は昨年、一昨年が濡れたスポンジのよう
に「異常に飛ばない」ボールだったのであって、今年が「異常に飛ぶ」ボー
ルなのではありません。これは間違えないでください。マスコミ各社が第一
報として、今年が異常に飛ぶボールなので、今年の野球は参考記録であるか
のような報道をしておりますが、これこそ印象操作、誤報の類いです。真意
は不明ですが、何らかの圧力やメーカー、機構側との癒着、やりとりがある
のかもしれません。

ホームランは野球の華です。それを減らした結果どうなったかといえば、観
客動員数の減少や打者成績の低下、投手成績の異常な伸長です。元々は、世
界のボールに比べて飛びすぎるという日本の高品質なボールをやめて、WBC
などの世界大会で使われる公式球に日本の選手を合わせていくという大義名
分ではじまった統一球ですが、世界のボールよりはるかに飛ばず、それどこ
ろかプロ野球の規定に満たないボールであり、結果WBCでも大惨敗という、
擁護のしようもない代物となりました。

マスコミ各社は、ボールを変えたことを言わなかったのが悪いという、現時
点での不義理を追求し、沈静化を目指している節があります。過去の成績等
に難癖がつけば、ますます野球人気は低迷、柔道等と合わせてスポーツ機構
およびプロスポーツへの不信がつのり、テレビ離れ、新聞離れを恐れている
かのようです。

野球機構は腐り果てていますが、同様に問題を追及しているツラのマスコミ
もまた、腐り果てているようですね。

最後となりましたが、プロ野球選手は悪くありません。野球自体は嫌いにな
らないでいただきたい。先ほども述べましたが、ホームランは野球の華です。
球場に行き、一度ホームランをご覧になられることをオススメいたします。
野球はいいものです。ボールの品質は存じませんが、それだけは保証できます。

2018年1月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

レコメンド

アーカイブ

PR

カテゴリー

PAGE TOP