シリーズアキバ

ゲームは性能が倍になっても、ユーザーも利益も倍にはならない


Nintendo_DS_Trans
ゲーム機の進歩には目をみはるものがある。しかし、いかに進歩しても、ユーザーの数は地球人口以上にはならない。ゲーム機の性能が倍になっても、売上が倍になったり、ユーザーが倍になることはもはやないのではないか。


次世代機、次世代機と性能を追い求めることが悪いことではないとは思う。1.4MBのフロッピーに一生懸命圧縮をかけたデータを入れていた時代から、TBなどという規模のデータを持ち出せる時代になった。メモリ、CPU、液晶にいたるまで、あらゆるものが倍々ゲームで進化を遂げてきた。それはいいことだ。しかも、何万倍という性能になっても、価格は何万倍どころか安くなっている。

で、この機械的な進歩に歩調を合わせてゲーム機も進化しなければならないのか。ということなんですよ。進化してくれた方がありがたい。ありがたいけれども、それがゲームのおもしろさとイコールになるかといえば、そうでもないわけでして。

ゲーム機の性能が倍になれば、ユーザーや利益が倍になればいいけれど、倍になるのは開発費だけ。ソフトの代金はファミコンの5000円時代からスーファミ時代に10000円(オーバー)時代になってそれっきり。現世代機は10000円弱だけれど、PS時代にはむしろ下がった。

携帯(電話)ゲームの隆盛を見ればわかるように、もうユーザーはゲーム性(おもしろさ)と機械的な進歩に相関はないことを知っている。なのに、ゲームメーカーは絵的な進歩をやめようとしない。そこにゲームの未来はあるのか、と。

ゲームメーカーが追い求めているのは砂上の楼閣、バベルの塔。敗北が約束された、完成することのない蜃気楼なのではないかと思うわけです。家庭用ゲーム市場がPCゲーム市場のような先鋭化を遂げ、衰退する姿はできれば見たくないんですがね。

関連記事

  1. シリーズアキバ

    「オタク」再定義の必要性と提案

    最近の性懲りもないアキバ報道で、アキバ系・オタクという言葉が無駄に浸透…

  2. シリーズアキバ

    メイド喫茶について担当者と話す機会がありました

    メイド喫茶の中身についての暴露本が出せるか?!と思われるような内容もあ…

  3. シリーズアキバ

    オタクはどこまで現実から逃げれば気が済むのか

    現実から逃れるためにオタクをやっている人が居るようです。オタク趣味は現…

  4. シリーズアキバ

    10万ヒット御礼&オタク本作成を画策中の報告

    えーと。更新が遅れております。学生ですのでこの時期はどうしても試験責め…

  5. シリーズアキバ

    メイド喫茶防犯対策会議が行われた模様

    秋葉原の万世橋警察署にて、メイド喫茶内で犯罪が発生したり、ビラ配りの女…

  6. アキバ系雑談

    人の価値観を否定する前に

    少しでも相手の背景を考える事はしたのか。 それとも、それをするだけの脳…

レコメンド

PAGE TOP