シリーズアキバ

ゲームは性能が倍になっても、ユーザーも利益も倍にはならない


Nintendo_DS_Trans
ゲーム機の進歩には目をみはるものがある。しかし、いかに進歩しても、ユーザーの数は地球人口以上にはならない。ゲーム機の性能が倍になっても、売上が倍になったり、ユーザーが倍になることはもはやないのではないか。


次世代機、次世代機と性能を追い求めることが悪いことではないとは思う。1.4MBのフロッピーに一生懸命圧縮をかけたデータを入れていた時代から、TBなどという規模のデータを持ち出せる時代になった。メモリ、CPU、液晶にいたるまで、あらゆるものが倍々ゲームで進化を遂げてきた。それはいいことだ。しかも、何万倍という性能になっても、価格は何万倍どころか安くなっている。

で、この機械的な進歩に歩調を合わせてゲーム機も進化しなければならないのか。ということなんですよ。進化してくれた方がありがたい。ありがたいけれども、それがゲームのおもしろさとイコールになるかといえば、そうでもないわけでして。

ゲーム機の性能が倍になれば、ユーザーや利益が倍になればいいけれど、倍になるのは開発費だけ。ソフトの代金はファミコンの5000円時代からスーファミ時代に10000円(オーバー)時代になってそれっきり。現世代機は10000円弱だけれど、PS時代にはむしろ下がった。

携帯(電話)ゲームの隆盛を見ればわかるように、もうユーザーはゲーム性(おもしろさ)と機械的な進歩に相関はないことを知っている。なのに、ゲームメーカーは絵的な進歩をやめようとしない。そこにゲームの未来はあるのか、と。

ゲームメーカーが追い求めているのは砂上の楼閣、バベルの塔。敗北が約束された、完成することのない蜃気楼なのではないかと思うわけです。家庭用ゲーム市場がPCゲーム市場のような先鋭化を遂げ、衰退する姿はできれば見たくないんですがね。

関連記事

  1. シリーズアキバ

    『「性愛」格差論 萌えとモテの間で』

    まだ中身を殆ど読んでいないので、詳細なレビューは出来ませんが、なんかヤ…

  2. シリーズアキバ

    日テレ 韓国のオタ文化を取り上げるも話す事無く結局バッシング

    ニュースうぇ~くあっぷ!(?)にて日本のオタ文化が韓国に輸出されている…

  3. シリーズアキバ

    大谷昭宏氏「微罪逮捕は異質なものを排除する仕組み」と発言

    2006/11/29(水)付けの東京新聞の中でこんな記事を見つけました…

  4. シリーズアキバ

    ニート自己啓発番組探訪 細木さんの場合

    この番組は凄かったですね。明らかにスゴイニート(っていうかホントにニー…

  5. シリーズアキバ

    TBSの安東アナ10/17ピンポン!内で謝罪

    個人的にという前置きあっての事ですが、亀田報道に関してはTBSは謝罪す…

  6. シリーズアキバ

    トンデモ学説誕生とトンデモ学者跋扈(ばっこ)のワケ②

    第二弾というよりオマケです。今のシステム批判の部分が含まれておりますの…

レコメンド

PAGE TOP