カプゲー

格闘ゲームの事故勝ちについて

Pocket

ハメについての論考は以前書いたのだが、今度は事故について。事故で勝つのは実力ではない。卑怯だという意見がある。たまたま博奕が当たった、表裏の2択で勝った。それは実力ではない(本当は自分の方が強い)。というのだ。これに関しての私の意見は以下のようになる。

「事故る方が悪い」
車の事故ならいざ知らず、対戦ゲームである。多くの場合、事故を狙ってくるのは体力、技術面で苦境に立っている者のほか、キャラ差によって圧倒的に不利なキャラだ。スト2であれば、本田、ブランカといったところ。有利ならば手を出さずにしゃがんで待っていればよい。いわゆるガイルの待ち戦法だ。待ちが許され、博奕が許されないというのも妙な話で、事故否定派の意見は、とどのつまり弱いとされるキャラはダイヤグラム通りに負けろといっているのと同じではないか。

世の中には弱いキャラを使って、いかにして勝つかを追求している職人がいる。そういう人たちのプレイは、一見して博奕行動にしか見えないかもしれない。しかし、彼らと同じところまで上がってみると、途端にそれが博奕ではなく、綿密に練られた「事故を起こさせる策略」であることに気づく。戦い方のリズムを変えたり、相手のミスを誘うなどの行動をあちこちに散りばめて、罠を張っているわけだ。そこにまんまとハマっておいて「事故勝ちはノーカン」というのは滑稽でしかない。

私もかつて、事故で勝っているだけではないか、恥ずかしいことなのではないかと思い悩んだことがある。そんな中で、あるトッププレイヤーに相談したことがあった。そこで返ってきたのが冒頭の「事故る方が悪い」なのだ。妙に動いて事故が起きる。そこは技術ではなく、心の弱さに起因する。強いキャラで安直に勝ちたいと思っている人間は、往々にして心の部分で脆い。弱いキャラで苦労してきたからこそ、心の強さでキャラ差を埋める。そういったスタイルがあってもいい。

ゴチャゴチャと書いたが、本当に上手いのなら、事故が起きないようにプレイすればいいのだ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

レコメンド

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP