アキバゲーム

クラッシュフィーバーサンリオコラボはじまる

Pocket

6月13日よりクラッシュフィーバーのサンリオコラボイベントがはじまりました。これにともない、限定キャラやガチャの追加があったようですので、なけなしのポリゴンを投入し、一か八かのD.R.T.H.狙い一発勝負に挑みました。結果は見事入手できたのですが、星5排出のため覚醒素材が必要で、覚醒が難航している方がおられるようですのでアドバイスといいますか、現時点の仮説を掲載しておきます。

 

サンリオコラボ覚醒素材入手方法(暫定)

輝愛の大弾幕D.R.T.H. クラッシュフィーバー

私同様にコラボガチャでコラボキャラを引いたものの、覚醒素材が手に入らずに困っているという方。おそらくは「ハローキティのリボン」と「ママの作ったアップルパイ」の2種類の覚醒素材がどうすれば入手できるかわからずに難渋されているのではないかと思われます。通常、コラボ期間中の限定イベント「ニムダのおきにいり」をクリアしますと、第3フロアに現れる「レジスタンス マミコ」がいずれかをドロップします。金のタマゴですとアップルパイ、虹のタマゴですとリボンのようです。

 

13日深夜に「コラボ配布キャラであるハローキティをパーティに入れるとアップルパイをドロップ」としておりましたが、ハローキティを入れたときにたまたま3回連続でドロップしただけで、パーティに入れていてもリボンをドロップすることがございましたので誤情報(もしくはアップルパイ率が高まる?)といたします。ご迷惑をおかけいたしました。

 

クラッシュフィーバーサンリオコラボ

よく見ないとわからないのですが、画像の真ん中の段左寄りにコラボD.R.T.H.のキャラアイコンがありますけれども、これは他のキャラと異なりまして、キャラの一枚絵とアイコンでは別の絵にしてあるんですよね。枠内にキティちゃんが収まるように調整するための措置なのでしょうが、かゆいところに手が届くといいますか、配慮が行き届いているといいますか。

 

イベント自体も限定キャラも大変愛らしいので、女子供のものだと毛嫌いせず一度遊ばれることをオススメいたします。また、時間とエネルギーがあれば、ニムダのおきにいり(超級)でマルチ部屋を建てておりますので、よろしければぜひどうぞ。近日中に限定ニムダのバグを75にしたいと思います。

ピックアップ記事

  1. ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
  2. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  3. 「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  4. 書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  5. 謹慎と不謹慎のあいだ

関連記事

  1. アキバ系雑談

    アキバにタヌキが!…そこアキバじゃないし。

    日曜にアキバにタヌキが現れましたよね。といってもアキバから離れた(川の…

  2. アキバ系雑談

    マンガや小説の「後付け」について

    いったい、後付けのなにがいけないのか。私にはちっともわかりません。元が…

  3. アキバ系雑談

    声オタとアイオタが混ざってしまっていないだろうか

    ×声オタ ○アニメにも出ている容姿の綺麗な女性の追っかけ …

  4. アキバ系雑談

    責任をとるということ

    責任をとるとはどういうことか責任をとるとは、経…

  5. アキバ系雑談

    最近気になる作家さん(成年関連)

    暫くmixiに非公開のまま放置していた日記類をこちらに移植する作業をし…

  6. アキバ系雑談

    「大相撲は面白くなくなった」という妄言

    大相撲は面白くなくなった。品格が失われた。と、耳にしませんか。私はあの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

最新記事

  1. モンスターボールPLUSのインプレッション(レビュー)
  2. 娯楽としてのネットの自由はもういらないのでは?
  3. キャッシュレス・電子マネー反対派よ、有人レジはキャバクラだよ…
  4. スマホが縦長だからって縦動画になるもんかね
  5. 書店と書店員のブランド化が危険だなぁと思う理由
  6. 新潮社の本は置きませんという本屋の宣言について
  7. 若者のための「新世代党」とかいう試案

レコメンド

  1. アキバ系雑談

    電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
  2. アキバ系雑談

    「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  3. シリーズアキバ

    物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  4. KING PRESS

    謹慎と不謹慎のあいだ
  5. シリーズアキバ

    ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
PAGE TOP