シリーズアキバ

AIやロボットに仕事も命も奪われる!について

Pocket

一介のオタクからみてAIは敵だろうか

 

オタクのなかでも仮想現実(VR)にすら恐怖する人はいまだ多いようです。もちろん妙な映像を見せられて、脳内の記憶をひっかきまわし、洗脳されるかも!という恐怖ならわかるんですけど、AIだのVRだのの技術の進歩を受け入れられない人間が、PCやスマホを手に持ってAIを批判しているのはオカシイじゃないですか。不可解というか。それも使うのやめたらどやの? という話で。

 

長すぎる前段(読まなくても別に……)

 

近年勃興し、発展著しいAIが、人の世界を終わらせると恐怖する一般ピーポー、そしてそういう世界をSFで散々見てきたはずのオタクがいるのは、突き詰めていえば、彼らが使役される側か、受け身の人間だからではないかと思うのです。私はオタクになりたくって、望んで、学んで、オタクになったクチです。だからか見知らぬ物事、世界に飛び込むことに恐怖心が薄い。一方、受け身で使われる人生を生きた結果、吹き溜まり的に掃き寄せられてオタクになった人、結果的にそういう活動的ではない保守の世界にやってきた一般人は、強制的に人生を変えられてしまうと恐れるのではないでしょうか。AIやロボットに「人生を変えてもらえる、変えられると感じる人間」と、「変えられてしまうと感じる人間」は、根本的に相容れないので、議論は常に平行線でどこまでいっても善悪感情論になるでしょう。

 

私は前述の通り、オタクの世界ってすばらしい!と思ってオタクになったクチですから、いまの自分を変えることに抵抗が比較的ありません。もしもAIやロボットが我々の仕事や生きがいを奪い、人類を滅ぼそうとしてきたら、自分も全身ロボットに改造し、脳すら機械にして対抗してやろうと思っています。シャレや酔狂ではなく、本気で。改造手術くらい受けますよ。そうした結果、AIのみならず旧人類を圧倒できる能力を持てるなら、持ちます。世間的にはイかれたマッドサイエンティスト扱いでしょうね。汚い奴だの大合唱でしょう。でも、必要で便利ならそうするんです。世の中にはDNAをいじくって、自分に注射している連中もいるので、ロボにするなんてずいぶんかわいい方ですよ。人間のフリした強化人間作りのほうがエゲツないと思いますがね。これも感情論でしょうが。

 

利便に勝る倫理はあるか

 

人類は文字だの地図だの数学だのを生み出しました。便利だからです。それを使うも使わないも個々人の勝手。携帯電話にPC、スマホだってそうです。使わないならご自由に。でも、世界はあなたを置いていきますよ、というだけ。すべてを機械化しなければ世界相手に勝負できないようになれば、する。それのどこがおかしいのか。利便に走ることは、本当に悪いことなのか。ロボットに支配されると恐怖しながら、一方でそれに抵するべく人体を機械化することについては否定的で、極端な話、ロボットに生身の人間のまま殺されることが正しいなどという考えは非合理でとても人間らしいですが、これからの時代、要らないものなのかもしれません。

 

つまりは次の進化には要らない要素で、さながら盲腸のようなもの。ですので、人間らしさを重視する人間は、そのうち消えていく。もちろん、ロボット化して進化の上で失敗して絶滅する可能性もあります。生身の人間であったがゆえに生き残ることもあるかもしれません。でもそれは、進化のうえでの淘汰であって、どちらが勝つかはわからない。恐竜が大型化して、強い奴が正義だ!デカい奴が正義だ!!と闊歩していたところに、隕石が衝突して彼らは食えなくなっちゃった。結果、昆虫や哺乳類が覇者になりましたけど、そんなことはわかりません。わからないから、有利になろうと進化する。その道程が連綿と続いて、過程のなかで敗れる者は絶滅するのです。肉食獣がウジャウジャいる時代に生まれた哺乳類は食べられてオシマイだったかもしれませんが、氷河期の哺乳類は余裕の大繁栄だったかもしれません。恨むなら、生まれる時代を裏め、としかいえない。なので、進化しようとする人間を、よくわからない倫理だ、懐古主義だ、正義感で殺してしまおうというのは、AIに殺されるように仕向けているだけなんですよ。

ページ:

1

2

ピックアップ記事

  1. ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
  2. 「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  3. 日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  4. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  5. 謹慎と不謹慎のあいだ

関連記事

  1. シリーズアキバ

    オタクラベリング論

    石破元長官がとある番組で「あなたは軍事オタクですよね?」といったような…

  2. シリーズアキバ

    今更ですが 性犯罪者=オタクではない

    日テレがまぁたやってくれましたね。数十枚に上る画像を用意しましたので、…

  3. シリーズアキバ

    嫌オタク流の記事を発見した

    嫌オタク流を記事にしているという情報より、探してみました。ふむ。出版社…

  4. シリーズアキバ

    ネットの匿名性は犯罪を誘発するか

    ネットが匿名であるせいで、犯罪が引き起こされる。これは是か非か。私個人…

  5. シリーズアキバ

    何をもってして学問か ~権威主義ではない学問の再定義~

    学問と言うのは何か。私は、学問とは論文化出来る物であると考えます。 つ…

  6. シリーズアキバ

    学問とオタク『医学、心理学、社会学』パート②

    先ほどの記事の続きです。今回は脳関連にこだわってます。イライラする部分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

最新記事

  1. 「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  2. オタクとリベラル
  3. 責任をとるということ
  4. リスクの可能性がゼロでないなら規制すべき?
  5. ヴォルテールの寛容論とその人
  6. ネットやメディアの「賛否両論」について思う
  7. 「権力は監視しないと危ない」について

レコメンド

  1. シリーズアキバ

    物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  2. アキバ系雑談

    電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
  3. KING PRESS

    謹慎と不謹慎のあいだ
  4. アキバ系雑談

    日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  5. アキバ系雑談

    「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
PAGE TOP