アキバレビュー

光と水のダフネ 水樹マイアレビュー

Pocket

トップマイアお待たせいったしました~。


何処よりも早くレビューすべく、19日の段階で撮影していたのですが、


更新は諸事情によりこのタイミングに…。


このマイアは当然


萌えよ!アキバ人ブログさんもレビューしていますので…。


あ、お客さん!こっちも見てってよ~。ソンさせないからさあ~w


勝ち目ないですが、今後ともごひいきに~。


画像が悪いのは携帯での撮影だからです。が、見る分には問題ない(?)かと…。


マイア左


マイアバックマイア右


 


 


 


 


 


 


 


激烈に画質ワルス…デジカメ欲しいなあ…。珠玉の画像はいつものパターンで最後になりますので


今しばらくお待ちを~。


おへそ


 


マイアタソのおへそです。


ちゅるんとしてますね!すっごいキレーな肌なわけですがw


水着もアニメどおりキワドイですね。


フトモモへの食い込みがイイ!


 


 


正面見上げバック見上げ


おしり


 


 


 


 


 


 




正面から見上げたり、後ろから見上げたり…。後ろから覗いても健康的なエロさがあります。


多くのファンがやられたお尻はこれですよー!週末はお店にダッシュ(奪取?)!


マイアおぱーい


んでもっておぱーい付近を。


ティクビがね?


右乳のほうが若干大きめだったり。これはサービス?w


ハンドガンのモールドも細かいです。


これはモーゼル持たせたかった…


いや、44マグナムかも。


 


今月発売予定の『るしゅな』の銃を持たせればグレネーダーごっこが出来るか?!


で、珠玉の一枚のコーナー


    ~珠玉の一枚館~


バストカット


 


一番綺麗に撮れたかな~と。


お顔と銃、おぱーいが揃うというショットが


やっぱり一番でしょうかね。


ところで静香さんはでないんでしょうか?


気に入ってるんですが…。レナさんも…。


 


水樹マイアって、水着舞や!(関西弁)からの派生でつか?


残念ながら最後のギャグは落第点って方は
アキバの王に俺はなる!に投票お願いします→
 

ピックアップ記事

  1. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  2. 謹慎と不謹慎のあいだ
  3. 電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
  4. 「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  5. ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会

関連記事

  1. アキバゲーム

    Halo Warsをやってみて part2 +攻略メモ

    Halo Warsのユニットは、物量で勝敗が変えられるジャンケンだと考…

  2. アキバゲーム

    ピクミン3プレイレビュー

    鳴り物入りで登場となったピクミン3。任天堂のソフトはその完成度と口コミ…

  3. Akiba Pink

    『まみれ乳(安藤裕行)』あらゆるものが圧倒的存在感

    圧倒的な存在感のまみれ乳。肉感からナニまで弩級の存在感の成年コミックで…

  4. アキバレビュー

    ヤマト運輸大型トラック10t車ミニカーレビュー

    今回はヤマト運輸大型トラック10t車のミニカーレビューをさせていただき…

  5. アキバレビュー

    吉崎観音先生『ケロロ軍曹20巻』レビュー

    ケロロ軍曹の20巻です。今回は映画の原案で1冊丸ごとという形ですね。一…

  6. アキバレビュー

    スクールランブル フィギュアコレクション 塚本八雲レビュー

    遅れてしまいましてスイマセン。頭の挿げ替え作業にはまってしまいまして…

人気記事

最新記事

  1. モンスターボールPLUSのインプレッション(レビュー)
  2. 娯楽としてのネットの自由はもういらないのでは?
  3. キャッシュレス・電子マネー反対派よ、有人レジはキャバクラだよ…
  4. スマホが縦長だからって縦動画になるもんかね
  5. 書店と書店員のブランド化が危険だなぁと思う理由
  6. 新潮社の本は置きませんという本屋の宣言について
  7. 若者のための「新世代党」とかいう試案

レコメンド

  1. アキバ系雑談

    書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  2. シリーズアキバ

    物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  3. アキバゲーム

    パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  4. アキバ系雑談

    電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
  5. KING PRESS

    謹慎と不謹慎のあいだ
PAGE TOP