シリーズアキバ

キレる人間の急増問題

Pocket

シリーズアキバ次はキレる人間の急増問題だ!ダ○バスター出動!じゃなかったw
つまんないつかみで申し訳ないです。今回は子供がキレやすくなるのはメディア(ゲームやテレビ)のせいだ!という考え方ってさあ…。という趣旨でやってみたいと思います。


先ず、キレるという言葉ですが、コレ自体怪しいモンです。なぜか?例を挙げてみますと、皆さんは、昨今言われているニートという言葉。この言葉が出来るまでの間に、ニートって存在を知ってましたか?


多くの人は知らなかったと思います。名前が付かないと人間は認識できない存在ですからね。ニートというスキーム(ちょっと使ってみたくなった言葉です。スイマセンw)でもって囲い込んだからこそ今までも居たであろうそういう存在を認知するに至ったわけです。


つまり、キレるという言葉が一般に浸透するまでは、そういった激昂して暴れる事件をただの傷害事件や殺人事件、精神問題としか取り上げなかった。しかし、今、キレるという色眼鏡でもってこれらを見ると、いかにもキレる人間が増えたかのように見えるわけですね。


縄のかけかた、枠の設け方の差であって、量的には昔も今も大差無いと思いますけども。


また、こういった話を持ち出すと、女性読者は不快かもしれませんが、戦後暫くは、売春を国が認めていました。それによって世の男性の中で、性に恵まれない人やお金に余裕のある人の性欲を満たしてもらっていたんです。


しかし、そういった性産業を潰した為に性犯罪は増加したでしょう。こういった時代背景を考えずに、白書の数字だけ捕まえて、昔よりも暴行事件が増えた。けしからん!というのはどうもおかしいと思うんですよね。


禁酒法。これのせいで黒社会が莫大な利益を得たことで有名ですよね。一度解禁したものを再度取り締まると、こういった現象が起こりうる。考えてもみてください。今更、冷蔵庫が凍りで冷やしたり、洗濯を洗濯板でやれますか?一度楽を覚えたり、味をしめたら人間は後戻りできないんです。


安易なメディア規制は社会の暗部の資金源になりやすいですし、更なる犯罪の温床やそれこそキレる人間を生み出しかねません。


また、メディアを規制するということは、今まで築いてきたモノを否定することに繋がると思います。

キレる子供:脳科学研究 映像メディア制限し効果=編集委員・平野幸夫
という記事の中に、以下のような部分があったので抜粋します。

東本郷小では、テレビゲームが子供の脳に与える影響を警告した本「ゲーム脳の恐怖」の著者である森教授の指導を、全校児童が受け続けている。森教授は一昨年夏、父母の承諾を得た約9割にあたる303人の児童の脳波を測定した。この結果、前頭前野の機能が低下した状態になる「ゲーム脳」と判定した45人と「半ゲーム脳」と判断した142人の児童と面談し、父母らにも「テレビゲームは15分までとし、テレビを見る時間も減らし、読書をするように」と具体的に助言した。

前頭葉の機能が低下した状態になる。とされていますが、そんなもの一時的な事かもしれません。加えて、前頭葉はさして記憶力に影響を持たないという報告もあります。ただし、前頭葉に傷害があると、あれやこれやと物事を複数同時に考える事が難しくなる可能性があるそうです。


また、計画性が無くなったり、社会の規範に即した生き方が出来なくなったりするそうです。
恐らく教授は、社会の規範に即したという部分に着眼しておられるのでしょう。しかし、社会のルールに即した行動が出来ない人間は現在相当居ます。というか、半数はそうなんじゃないでしょうか?(言いすぎ?)


その全てがゲーム脳なのか?昔より居るヤンキーは全てゲーム脳なのか?学徒闘争だと叫んで大学を強襲した彼ら団塊の世代にもゲーム脳が居たのか?


社会の規範を守れないようになったのは全てとは言いませんが、社会にも責任があるでしょう。計画性が無い人間が増えているのは、計画しても頓挫するのが目に見えている時代だからでしょう。これは無気力なのであって、メディアだのなんだのは関係無さそうなんですが。


社会の情勢によって人間は左右されます。子供ならなおのことです。そんな事、子を育てたことがあれば誰でもわかるはずでしょう。にもかかわらず、全責任をメディア(ゲーム等含む)に転嫁するのは、抜本的解決策という弾を切らして、社会問題という敵を前にして逃げ回っているとしか見えません。


社会が立派になったら我々先人が創り上げたと言い、悪化したら、お前たちが妙なものを作ったからだと言う。この問題に限らず、年寄りではダメだということなんでしょうかね。


キレるという行為を若者の視点から捉え、対策する事は必要だと思います。頭が石化し始めた方々に新たな問題の解決策を求めるのは荷が重すぎるでしょうしw



未だにゲーム脳って、しつこいな教授wって方は是非ワンクリを~。
人気ブログランキング ←ぽちっと押して下さると、狂喜乱舞します
現在TBはTBスパム対策で、リンクのある方のみとなっております。申し訳ありません~。

ピックアップ記事

  1. ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
  2. 電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
  3. 書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  4. 「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  5. 謹慎と不謹慎のあいだ

関連記事

  1. アキバ系雑談

    哲学における人文地理学 ~「偉大なる哲学者カント」を超えて~

    カントは世界でも有数の地理学者で、実は彼は「地理学者」として教壇に立っ…

  2. シリーズアキバ

    無課金が生み出したコンテンツの未来

    コンテンツにお金を払わないことで起こった未来を現状から読み解いてみたり…

  3. シリーズアキバ

    ネットへの認識を改めるべきなのか

    何を今更。と思われるでしょうが、やっぱり世間にはどうしようもない人間が…

  4. シリーズアキバ

    フィギュア王選手権

    やってますねw賛否両論でしょうが、改造を施してのフィギュア王ってどうな…

  5. シリーズアキバ

    少女誘拐事件報道が暗に意味することは

    昨日、テレビ朝日の報道ステーションで放送されたものです。どこぞの教授の…

  6. シリーズアキバ

    東京都遂に2次元規制を本格化か?

    18歳以上向けのマンガ雑誌などに貼られるようになった、なんともいえない…

人気記事

最新記事

  1. ツイッターのタイムラインが消えたりリプライ(会話)だけになる…
  2. 電子書籍の普及は、アダルトパワーの活用しかないと思う
  3. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips…
  4. Xbox ONEでACE COMBAT6(エースコンバット6…
  5. モンスターボールPLUSのインプレッション(レビュー)
  6. 娯楽としてのネットの自由はもういらないのでは?
  7. キャッシュレス・電子マネー反対派よ、有人レジはキャバクラだよ…

レコメンド

  1. シリーズアキバ

    ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
  2. KING PRESS

    謹慎と不謹慎のあいだ
  3. シリーズアキバ

    物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  4. アキバ系雑談

    日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  5. アキバ系雑談

    「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
PAGE TOP