シリーズアキバ

学問とオタク『医学、心理学、社会学』パート②

Pocket

シリーズ先ほどの記事の続きです。今回は脳関連にこだわってます。イライラする部分もあるかもしれませんが、笑ってやって下さい。そのための記事ですし、こんな若輩者にイライラしてもしょうがないでしょ。
あ、でも、ゲーム脳信者はイライラしてくださって結構ですw


昨日、碁は脳に良いと言っていました。その報告を読みました。なるほど、体面は見事に整っています。しかし、やはり社会学的発想に溢れた人が作った学説を鵜呑みにしての研究ですから、ほころびがあります。


碁は頭に良いと言って、対人での対戦ではこんなに頭を使うんですよ!と言います。それは間違いないようです。私が目をつけたのは、対人ではなく、コンピューターと碁を指した時の脳波です。


するとどうでしょう!殆ど脳波が出ていないのです。
「これでゲームは頭を良くしないとわかった」
そして空気は、ゲームではダメだからゲームはダメだみたいなものに。


私は口元がほころびましたよ。だって、発言したのは某有名大学の助教授(又は研究員?)さんですよ?社会的に相当立派な方です。私のような一介の学生とは違うオカタ。


この研究報告には風穴が開いています。それも結構大きい穴です。水を入れれば大半が流れ出るほどの。


それは、碁が頭を良くするのに良いというのはウソであるという事。


自分達で研究した内容を否定しているんです。誠に残念です。国民の血税で大学、院と進学し、研究員となり、相当の予算がついて研究しているはずなのに、私みたいなおバカさんに長年の研究に傷をつけられるなんて遺憾の極みではないでしょうか?そんな単純に痛む研究にお金を出す国民はもっと遺憾だと思いますけども。

で、話しは戻ります。最初に、碁は頭を良くするのに良いと言った以上、どんな状況でも碁が脳の発達にプラスの影響を与えなければなりません。しかしどうでしょう。ゲームでの囲碁では頭は良くならないようです。


ということは、他に頭を良くする理由があるはずです。それは何か?ゲームと対人…その差は?そうです。人が目の前に居るかどうかなんです。


ということはですよ?人とのコミュニケーションが脳を発達させるという可能性が出てきました。ゲームだろうがなんだろうが関係ないかもしれない。しかし、その点は言ってはいけないんです。きっと裏側に大きな力があるのでしょう。


ゲームは悪だとしなければならない理由があるはずです。その理由は簡単。世間体です。有名国立大学の研究室ともあろうものが、私のように社会の通念に反するような研究発表をするワケが無いんです。そんなことをしたら、来年度の予算が目減りします。


下手すれば研究打ち切りです。白い巨頭の世界です。医者は利権と金には煩いんです。患者や倫理は二の次です。そんな反社会的なことをリスクを負ってまでする必要が無い。そんな事をしたら国民の反感を買うこと請け合い。

脱線しましたね。加えて言えば別に囲碁じゃなくても、将棋、麻雀、花札、桃鉄でも人とやれば、脳に良い影響を及ぼす可能性が十分にあります。


彼らは、世論にあった研究方法で気に入らない部位を削ぎ落とした捏造の研究発表を平気な顔でしています。そこに悪意がなかったとしても大罪です。というよりも、悪意が無いということは、のんべんだらりとその調査方法が正しいと考えているわけで、そっちの方が危険です。


【ここまでのまとめ】
脳医学の専門家はもっと脳を使わないといけません。研究者脳になってしまいます。


ついでに。私は高校時代、囲碁将棋部の助っ人で県大会三位になりました。私、ルールしか知らないのにですよ?おっと、申し訳ありません。自慢しに戻ってきたんじゃないんです。


囲碁や将棋を生業にしている方々って、確かに頭は良いでしょうが、コミュニケーションってどうなんでしょう。私が県大会で見かけた人間のほぼ100%が、負けた後あそこでこうすれば勝っていたなどと負け惜しみを聞こえるように言ってみたり、対局前の挨拶が聞こえないほど小声だったりするような常識の無い方ばかりでしたけども。

全員が全員ってワケでもないでしょうが・・・。特に私の県では酷かった?ですが、運営の仕事を任された
全国大会でも大差はありませんでした。


脳は発達するかもしれませんが、対人関係がダメな子供を量産するおつもりなんでしょうか?そうなると、引き篭もりが増えてしまいますよ?


皆さんは引き篭もり=オタクとしていますから、オタクも増えてしまいますね。ますますゲームをする子が増えますね。じゃあ、ゲーム脳が増えますね。


さあ大変だ!よかれと思ってやればやるほどダメな子供が量産体勢!


【結論】
◆国立大学の研究室は恵まれています
頭を良くするのは人との出会いのようです(私の新説)ので、
 引き篭もってはいけない模様です
(私も気をつけます)
皆さんの血税はゲーム脳の子供を増やすのに一役かってます
◆ダメな子ほど可愛いものです



私の駄文に満足頂けた方はランキングにご協力を~
人気ブログランキング ←ぽちっと押して下さると、狂喜乱舞しますw
現在TBはTBスパム対策で、リンクのある方のみとなっております。申し訳ありません。

ピックアップ記事

  1. 書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  2. ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
  3. 電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
  4. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  5. 謹慎と不謹慎のあいだ

関連記事

  1. アキバ系雑談

    mixi考

    2005年前後のmixiはなぜあんなに元気だったのか考えてみる。 かつ…

  2. シリーズアキバ

    シェア拡大とユーザーの明確さについての論考Ⅱ

    高度な能力を持った特定のグループというのは少数派で、やれる事もスケール…

  3. シリーズアキバ

    ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会

    ブログやSNSは危険だと大多数が思っていたブロ…

  4. シリーズアキバ

    オタク趣味と学力

    さて、ゲームをする子はバカになる。マンガを読む子供はバカになる…。そし…

  5. シリーズアキバ

    【09/11/10】本日のちょっくらニュース特集 ~身長の低い男は負け組か?~

    今日は、韓国のブログが身長の低い男を負け組として扱ったことで大炎上した…

  6. シリーズアキバ

    ニート考「まとまらないまとめ」

    ニートってなんじゃろね?という話。ニートになるのは頭が悪く、運動もでき…

人気記事

最新記事

  1. 「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  2. オタクとリベラル
  3. 責任をとるということ
  4. リスクの可能性がゼロでないなら規制すべき?
  5. ヴォルテールの寛容論とその人
  6. ネットやメディアの「賛否両論」について思う
  7. 「権力は監視しないと危ない」について

レコメンド

  1. シリーズアキバ

    ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
  2. アキバゲーム

    パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  3. シリーズアキバ

    物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  4. KING PRESS

    謹慎と不謹慎のあいだ
  5. アキバ系雑談

    電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
PAGE TOP