シリーズアキバ

ゲンダイが「エロ」を多用するメディアに辟易

Pocket

シリーズ時流を分析し、ちょっと知識人を気取った中高年が好きそうな記事です。LDニュースの題名は『品が皆無な”エロ”の大安売り』となっています。しかし、他人を叩いている自分自身が同様の罪を犯している事には気付いていないようですね。『萌え』という言葉の株価を上場廃止にまで追い込んだのはどこの誰であったのか。


冒頭部はこう始まります。



なんとも品のない言葉がはやりだしたものだ。「エロ」である。昨年、倖田來未が「エロかっこいい」でブレークして以降、業界では次から次へと「エロ」の大安売りだ。


なんとも新時代に反骨精神をお持ちの中高年が好みそうな言い回しですね。確かにエロを連発するのはどうかと私も思いますが、それもまた文化ですし全面否定は出来ません。(ゲンダイだってどこかで絶対エロ○○って記事を書いているはずですが、よくもまあバッサリやれるもんですねw)


鬼の首をとったように始まる冒頭部ですが、彼らは同じ事をオタクに向けてやっている最中です。売れているのかいないのか分からないアイドルの卵にメイド服やネコミミなどを付けさせ、「~だにゃん」やら、「ご主人様」やらと喋らせる。事ある毎に「萌え~」という本来の意味ではない言葉を乱用し、ネタが尽きれば「萌え」とか言うオタクはロクでもないと叩く。


エロは元々エロスでした。人間の性的な部分(仮に低俗な部分とします)と、芸術的な部分(高尚な部分)がエロ(ス)には含まれていたはずです。しかし、いつの時代からか文語のエロスと口語のエロは袂を分かちます。今の萌えと萌え~のように。


エロスは芸術家や学者などのごく少数派の中でのみ生き、エロは大衆に受け入れられ元々持っていた二つの意味のパワーバランスを崩壊させた。これもまたマスコミや媒介するメディアの力があったものと思われます。


最近の風潮を嫌悪し、バッシングする前に、マスコミは自分達が大衆化して踏みにじってきた数々の文化への償いが必要でしょう。「人の振り見て我が振り直せ」この言葉を私の2~3倍生きている中高年の皆様方に捧げます。

ピックアップ記事

  1. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  2. 物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  3. 日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  4. 「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  5. ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会

関連記事

  1. シリーズアキバ

    キレない脳の育成 ・・・それでも学者ですか?

    毎度毎度素晴らしい番組を作るテレビ局。彼等は血液型人類学同様に、トンデ…

  2. シリーズアキバ

    ヒステリックな国民と報道

    ライブドアが傾きだした昨今、メディアは手のひらを返すように忘年会映像や…

  3. シリーズアキバ

    9/28TBSイブニングファイブとオタクを取り巻く環境①

    イブニングファイブはオタク狩りを促進させるつもりか?TBSはオタクを叩…

  4. シリーズアキバ

    マンガ・アニメのコンテンツを守り、活かすとは? -MANGAの平和的利用について-

    守るというのは良いでしょう。活かすというのは具体的にどうするつもりなん…

  5. アキバゲーム

    ドットゲーム至上主義

    ドットゲームがもっと増えるべきだろう。ドットワークが良いゲーム=良ゲー…

  6. シリーズアキバ

    『電子書籍の衝撃 本はいかに崩壊し、いかに復活するか?』レビュー

    自分の主義や主張というものに反していても、それらの知識を得ておく事は、…

人気記事

最新記事

  1. 格ゲーは勝てないからおもしろくない、初心者排除だ問題
  2. ツイッターのタイムラインが消えたりリプライ(会話)だけになる…
  3. 電子書籍の普及は、アダルトパワーの活用しかないと思う
  4. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips…
  5. Xbox ONEでACE COMBAT6(エースコンバット6…
  6. モンスターボールPLUSのインプレッション(レビュー)
  7. 娯楽としてのネットの自由はもういらないのでは?

レコメンド

  1. アキバ系雑談

    「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  2. アキバ系雑談

    日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  3. シリーズアキバ

    物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  4. アキバ系雑談

    書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  5. KING PRESS

    謹慎と不謹慎のあいだ
PAGE TOP