シリーズアキバ

速報 指名手配の連続通り魔にまつわる報道

Pocket

akibaゲーム大会(初代箱のエロバレーだそうです)で勝った事がある点を強調。3/24テレ東の報道です。16時59分頃。


akiba2akiba3


 


 


 


 


左側が同日テレビ朝日の16時58分頃の報道、右が同時刻の日テレの報道です。


アキバで変装した点や、妹や小学校を狙っているという異常さを強調。
アキバ、オタク等の記号を盛り込めば、猟奇的な印象を与えられますし、理由付けも出来ます。
オタクだからおかしい行動をしたんだ。
我々一般人とは違う生き物でなければこんな事が出来るはずがない。と。
こうして犯罪者を別世界の存在と切り離して精神の安定を求めてる。ウケはいいでしょうね。
犯罪ってのはそんな簡単に分析できるモンじゃないんですけど。


以下はmixiで書いた日記の転載。ZAKZAKの記事より
http://www.zakzak.co.jp/top/2008_03/t2008032410_all.html

引用
ゲームおたくでニートでプー…8人殺傷通り魔の正体
ニートでプーの意味が分からん。プーと噴出してもらいたいの?あまりにも記事を書いた人が言葉を知らないから?それとも本当に詳しくて、イギリスの定義するNEETと、日本の厚労省及び内閣府が個別に定義する日本版ニートを使い分けられておられるのですかな?

ゲームさながらに数百メートルも走りながら、次々と通行人を襲った容疑者だが(略)
不謹慎にも程があるぞ。ゲームのせいかどうかを教えてくれや。
容疑者が日本で2位だったゲームは初代Xboxのエロバレーだぞ?
ゲームってだけで人を刺したり撃ったりするモンだと考えてる時点で、
かなり偏った思考をしている事が分かる。 ニートの定義の誤りと、プー太郎などという死語、ゲームの内容の理解の無さからして、書いた人間は残念な中年だというプロファイリング結果が出ました。



さて、この一件を受けて、改めて考えて頂きたい事があります。
オタクについてのスクラップビルド論にも書きましたが、そこまで同属(同じ趣味)だからと言って、全ての人間をかばう必要があるのか?という点などです。病巣は病巣として取り除かないと、オタクという集団と文化が社会から全摘出されかねない気がしてなりません。

ピックアップ記事

  1. 日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  2. 謹慎と不謹慎のあいだ
  3. 書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  4. 「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  5. 物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない

関連記事

  1. シリーズアキバ

    宮台真司も結局は若者を批判してメシを食う

    宮台真司だけは違う、と「しんじ」た人たちはどうしているだろう&nb…

  2. シリーズアキバ

    無法者達の行軍歌 アキバってこんな街でしたっけ?

    昨日のアキバは言うなれば「アウトロウ・マーチ」って感じでした。私、大学…

  3. シリーズアキバ

    少女誘拐監禁はオタクの専売特許なのか?

    何度でも申し上げます。少女誘拐監禁、殺人はオタクの専売特許のような扱い…

  4. シリーズアキバ

    ジャンプは読書に含まれるようです

    正確な調査はしていないのですが、どうやらジャンプやマガジン、単行本を読…

  5. シリーズアキバ

    成年向けゲーム規制と性コンテンツ

    規制が活発化しているので、それらの雑感を。エロゲー、陵辱ゲー規制が強化…

  6. シリーズアキバ

    体育の日のオタク叩きは凄絶

    体育の日に運動をしないは非体育会系を叩いても良いという日にいつからなっ…

人気記事

最新記事

  1. 娯楽としてのネットの自由はもういらないのでは?
  2. キャッシュレス・電子マネー反対派よ、有人レジはキャバクラだよ…
  3. スマホが縦長だからって縦動画になるもんかね
  4. 書店と書店員のブランド化が危険だなぁと思う理由
  5. 新潮社の本は置きませんという本屋の宣言について
  6. 若者のための「新世代党」とかいう試案
  7. 「擬古とギコ猫」流行語は下賤か

レコメンド

  1. アキバ系雑談

    電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
  2. アキバ系雑談

    「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  3. アキバ系雑談

    日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  4. アキバゲーム

    パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  5. アキバ系雑談

    書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
PAGE TOP