アキバゲーム

BFBC2クランSF2小隊

Pocket

SF2クラン2週間近くネットから離れて居りました。やっとネットも開通し、念願のバトルフィールド:バッドカンパニー2(BFBC2)をやっております。デモと違ってラグが酷く、外人有利の展開なので、何としても現状を打破すべく日本人で小隊を組んでいます。


BFBC2の隊員募集中です。今回は8人ないし12人全員身内のマッチングは出来るのかな。分隊支援火器を担いで山野を駆け巡りたいところ。スナイパーの野郎が多くて、外人さんはスナイパーでけで5時間も6時間も遊び続けられる人が多いようなんで、後ろからこっそり行ってナイフを延髄に突きたてて差し上げましょう。

今回はショットガンが強い感じですけど、やっぱりアサルトライフルの強さには適わないわけで。分隊4人でアタックをかける場合は、突撃兵、突撃兵、工兵、衛生兵だろうか。2分隊8人なら突撃兵3、工兵2、衛生兵2、偵察兵1か。偵察兵は高台に登って、スコープを覗きつつ敵兵の位置を分隊員に教える仕事。

このゲームをやっていて思う事は、先ず第一に全員で同じ場所を攻めた方が強い。
散開して攻めるのは損。一点突破が一番強い戦術。実際の戦場でもそうでしょう。
映画のアサシンみたいに、一人で見つからずに基地一個落とすなんて絶対無理。

次に、M-COM(通称金塊)破壊について。真面目に爆薬を付けに行かない。
建物内であれば、一斉に40mmグレネードやロケットランチャー、戦車の主砲で建物ごとふっとばす。開幕早々で相手が完全にノーマークだった場合、分隊員が一人飛び込んで、そこに全員でリスポーンする。そこから一気に金塊破壊など。C4を持っていると便利ですが、汎用性から40mmグレネードか。

ヘッドセットを活用して逐次連絡を取り合いながらプレイすれば、
一気に面白くなりますので、ぜひどうぞ。

SF2分隊(Sierra-Fox-2)で今夜も走ります。
もちろん元ネタはストリートファイター2ですよ。
ガイル居ますし言わなくても分かりますか。
ブログパーツにゲーマータグは載ってますから、そちらからフレンド申請をしていただいても構いません。
SF2だけで8/12名とかやってみたいんですけどね。上手くマッチングできれば良いのですが。

ピックアップ記事

  1. 謹慎と不謹慎のあいだ
  2. 物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  3. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  4. 書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  5. 日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう

関連記事

  1. Akiba Pink

    電子書籍の普及は、アダルトパワーの活用しかないと思う

    電子書籍の普及は、ビデオ・DVDの普及に学べ歴…

  2. アキバ系雑談

    アキバでロードワーク!

    こんなことしてるの私ぐらいのものでしょうw早朝(五時過ぎ)に起き出して…

  3. アキバゲーム

    同じゲームでも入力手法で面白さは変わる

    PS3とXbox360、同じタイトルのゲームが発売されることがしばし…

  4. アキバゲーム

    Halo Warsをやってみて part3

    画像は、初期購入者にプレゼントされたファイヤボールワートホグのダウン…

  5. アキバ系雑談

    けものフレンズたつき監督降板騒動を権利者の視点から考えてみる

    権利者は作品に色をつけたくない私は元々編集者ですし、いまでも編集業…

  6. アキバ系雑談

    最近買った本まとめ

    後で多分書き直します。多分です。先ずはリストだけ。『出版再生 アメリカ…

人気記事

最新記事

  1. 格ゲーは勝てないからおもしろくない、初心者排除だ問題
  2. ツイッターのタイムラインが消えたりリプライ(会話)だけになる…
  3. 電子書籍の普及は、アダルトパワーの活用しかないと思う
  4. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips…
  5. Xbox ONEでACE COMBAT6(エースコンバット6…
  6. モンスターボールPLUSのインプレッション(レビュー)
  7. 娯楽としてのネットの自由はもういらないのでは?

レコメンド

  1. アキバ系雑談

    日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  2. アキバゲーム

    パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  3. シリーズアキバ

    物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  4. アキバ系雑談

    書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  5. KING PRESS

    謹慎と不謹慎のあいだ
PAGE TOP