Book-Grubに関する記事一覧

Book-Grub

  1. コロコロ創刊伝説 のむらしんぼ再起の熱筆!

    つるピカハゲ丸といえば、90年前後にコロコロコミックを読んでいた読者であれば記憶の片隅に残っているであろうタイトルかと思う。その著者のむらしんぼ氏は還暦を迎えな…

  2. 『クロス・マネジ 1巻』レビュー

    クロスマネジは、ラクロスをテーマにした異色作。しかもその連載雑誌が「少年ジャンプ」ということで、かなり注目を集めている作品です。ワンピースや進撃の巨人のように、…

  3. よつばと!12巻までがダンボーのダンボールで届くゾ!

    ご覧のとおり、よつばと!の主要キャラクター(?)ダンボーがダンボールになって登場?なんだか矛盾していますが、Amazonのダンボールがダンボー仕様で届くよつばと…

  4. 『新米婦警キルコさん 1巻』レビュー

    『新米婦警キルコさん 1 その婦警・音無キルコ』(集英社 / 平方昌宏)掲載順位を落とした際は、すわ打ち切りか!とヤキモキしましたが、どっこい連載中の新米婦警キ…

  5. 暗殺教室における「できる側」の描き方について思うこと

    週刊少年ジャンプに掲載されている「暗殺教室」おもしろいですよね。連載開始の時点から欠かさず読ませていただいております。私は「ぬ~べ~ 」や「保健室の死神」のよう…

  6. レビュー・書評に思うことと、再出発

    年に数百、この8年で2000冊以上本を読んできた身からすると、他人のレビューなんて“てんで”あてにならないと感じています。例えば、英語で書いてある本を日本語しか…

  7. 『ミノタウロスの皿』(藤子・F・不二雄)#013

    藤子・F・不二雄異色短編集1、ミノタウロスの皿は、ウシと人間の立場が入れ替わっている世界のはなしです。 (さらに…)…

  8. 『ふしぎの海のナディア コミックアンソロジー』#012

    不思議の海のナディアコミックアンソロジーが2012年11月26日に発売されました。この絵柄、どこかで……と思った方、鋭い。左上のグランディスなんて、まんま、ソレ…

  9. 『ゲーミフィケーション』(井上明人/NHK出版) #011

    ゲーミフィケーション。なんだか最近耳にするようになってきたこの言葉。一体なんなんでしょうか。それを知るためにこちらの本を手にとりました。(さすがはNHK出版。い…

  10. 『田尻智 ポケモンを創った男』(宮昌太郎/MF文庫) #010

    古きよき日のゲームセンターがポケットモンスターを生んだ。のだろうか。そうなんだと思いますし、そうではないとも思うのです。かつて、ファミコンの名人はこ…

  11. 『文章がうまくなるコピーライターの読書術』(鈴木康之/日経ビジネス文庫) #009

    こういうコピーライターが語るもの、を読んでいると気づくことがありましてね。俺の力で物を売るんだ、売っているんだという「とんだ勘違い」 がそれです。今回は、かなり…

  12. 『大正時代の身の上相談』(カタログハウス/ちくま文庫) #008

    『大正時代の身の上相談』は、実に考えさせられる文庫でした。といいますのも、単純な本の評価だけで語ることができない、ぜひ読むべきです!とオススメはできるのですが、…

  13. 『パジャマな彼女。(濱田浩輔/集英社)』レビュー #004

    主人公の「目覚計祐(めざましけいすけ)」は高校一年生。幼いころに母親を亡くした幼なじみのヒロイン「まくら」とは家族同然の仲。そんな二人が計祐にまつわるとある出来…

  14. 【#003】『エスキモーに氷を売る』(ジョン・スポールストラ/きこ書房)

    本書を読んでも、エスキモーに氷は売れない。彼らはアザラシの肉などを保存するために冷蔵庫を使っているし、アメリカの警察が河川管理に使うような最新鋭のボートで流氷か…

PAGE TOP