アキバゲーム

次世代ゲームハードはソフトバンク戦略を採用すべきか

Pocket

xbox one

ソフトバンク方式というのは私の勝手な命名ではありますが、2年間回線契約すれば、
iPhone本体が実質無料!というアレです。携帯電話をゲームハードと捉えた場合、 
これは大変なアドバンテージといえるのではないでしょうか。


未だ理解できていない方が多いのですが、ゲームのオモシロさはハードの性能と
イコールではありません。そのハードでしかできないことや、そうでなくとも、
ハード性能に頼らないオモシロいゲームというものはいくらでもつくることがで
きるのです。高橋名人の冒険島はファミコンでもWiiでもオモシロいですし、マ
ザー2はWii Uで遊んでも名作です。iPhoneやAndroidだからオモシロくなく、据
え置きハードだからオモシロいゲームというものは、本来ありえないことなので
す。もしそれがあり得るとすれば、それは表現上の問題や、映像ソフトとしての
限界であって、ゲームソフトとしてのオモシロさ以外の部分で楽しんでいるとい
う場合でしょう。つまり、必要充分な性能があり、かつソフトが優秀であれば、
一般的にユーザーは満足するということ。満足できないのは、性能自慢、技術自
慢がしたい、ゲームを遊ぶこと以外の部分に魅力を見いだしている層ということ
になるでしょう。

だからこそ、ゲームハードの価格は大切なのです。多くのユーザーはゲームがし
たいだけ。オモシロいソフトが遊べさえすれば、あとはどうだっていい。よって、
初期投資の有無は非常に重要となります。興味深いことに、ある調査結果によれ
ば、あの6万円もするiPhoneは高いと感じる人がほぼ皆無なのに対し、2万少々の
携帯ゲーム機は高いと感じる人が非常に多いという調査結果があります。確かに、
通話機能の有無、仕事での活用等の差はあるとはいえ、ゲームハードと異なり、
既に述べました通り、実質無料のiPhoneは大きなアドバンテージとなりうるので
す。このアドバンテージを突き崩すことは並大抵のことではありません。任天堂
のように、歴史と実績で日本の家庭に深く根差し、キラーコンテンツを多数有し
ているのであればいざ知らず、ソニーやマイクロソフトのようなメーカーは大変
な苦戦を強いられることは必至です。事実、据え置きハードは死に体だとゲーム
ユーザー間ですら認識されつつあり、この問題は次世代機への世代交代でより顕
著なものになるのではないかと考えております。

では、今後各メーカーが執るべき戦略は何か、そんなものがあるのか。据え置き
機の復興はあるのか?と考えますと、やはりソフトバンク方式の採用しかないの
ではないか、と。携帯電話と異なりハードルはあがってしまいますが、今までの
ゲームハードの売り方と平行して、新たな販売方式、購入方法を導入してもいい
のではないかと。今後のゲームハードはオンラインが基本となります。そこで、
ゲームハードを販売するメーカーは、3年間のオンライン使用契約等を結ぶこと
を条件に、本体費用を無料にするなどの戦略を採用してはいかがかと。

これでまずは爆発的にユーザーを増やし、この層に向けてソーシャル的なゲーム
から、超大作RPGやFPSを売っていくという方式以外に、すばやく、滞りなく、
世代交代を果たすビジョンが見えないのです。PS3はPSからの伝統を一度破綻さ
せてしまいましたし、Xboxは国内ではそもそもユーザーが僅少で、箸にも棒にも
かかりませんでした。その中で、PS3、Xbox360は一からの販売戦略とユーザー
獲得を進めることとなり、旧次世代機は歴史上最も世代交代に失敗したハードと
なりました。これがゲーム市場の衰退を呼び、趣味の多様化も相まって、今の悲
惨な状況となっているわけです。

ハードが普及しないため、ソフトメーカーがソフトを供給できない。供給しても
同じような作品ばかりで意欲作が出ないという状況は、多くのユーザーを失望さ
せてまいりました。同じ轍を踏まないためにも、まずは普及が第一。そのために
はなりふりなど構っていられません。PS4、Xbox Oneともに、ソフトバンク方式
の採用を検討してはどうでしょうか。今回の世代交代の失敗が意味するものは、
国内ゲーム市場の破綻と寡占化ですよ。日本の持つ多様なゲーム文化を維持する
ためにも、いっちょ気合いを入れてもらいたいものです。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

レコメンド

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP