アキバ系雑談

ゼークト大将の格言に思う

Pocket

雑談ゼークト大将が言ったという証拠は無いのですが、今でも伝えられている格言について少々。最近、自分がこの格言に似た人の分け方をしているような気がして。まあ、知識をひけらかしたいだけとも言いますね。

ハンス・フォン・ゼークト大将だったか。ドイツ軍人。蒼天の拳かなんかに名前が出ていたような。その人の格言が、最近、妙にのしかかる。人との接し方のスタンスが、今も昔もこの人と似ている気がする。

有能な怠け者は指揮官にせよ。有能な働き者は参謀とせよ。
無能な怠け者は連絡将校とし、無能な『働き者』は処刑すべし。

有能な怠け者は、自分がいかに楽をするかを考える。考える力があるから周囲の人間を上手く動かして、最善を尽くすことが出来る。本人は働かなくとも、周りがそれ以上に働くのであれば、それは「怠け」ではない。

有能な働き者は、有能であるが故に何でも自分で出来てしまう。アレもコレも人に任せられない。無能な部下の働きが許せない。ならば、前線には置かない方が無難だ。細々とした作業の多い後方支援が良い。頭がキレるのであるから、参謀として有能な怠け者をサポートするのが良いだろう。

無能な怠け者は一見役に立たないように見えるが、そうではない。純真無垢で、自分の意思を持たない。自ら考え、働く事もしない。無駄な行動をしないのであれば、最低限の行動を上官の手先のようにさせれば良い。

一番問題なのは『無能な働き者』である。この者たちは、自分が阿呆であることに気づかない。自分は絶対的に正しいと信じ込み、時には上官を恨み、自らは同僚とは出来が違うと妄信し、部下を小馬鹿にする。ともすれば組織の破綻に繋がる連中は、処刑する他無いのである。

 

ゼークト大将の真意はこの辺りにあったのであろうと。
実に的を射ています。組織破綻のカギとなるのは、いつの時代も「行動的な馬鹿」、「身の程知らずの阿呆」だということ。私は身の程知らずの阿呆なので、組織には関わらないことにしています。組織の破綻を引き起こしかねない爆弾人間ですから。

自分で気付けばいいのですが、なかなかそうもいかない。
多くの「無能な働き者」が世の中には溢れている。DQNと呼ばれる者然り。
オタクだってそうじゃないか。限られた人間関係の中で一番だったなら、歪んでしまう事も致し方なし。なかなかどうして難しい。

ピックアップ記事

  1. ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
  2. 物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  3. 日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  4. 書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  5. 電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想

関連記事

  1. アキバ系雑談

    結構外人さんが読んでくれてるようですね

    このブログを読んでいる人の18人に1人は外国の方です。One pers…

  2. アキバ系雑談

    オタク頭が悪いのは本当か?

    意外と勉学青年なんですよ?w文学部なのに経営、経済、日本史、統計カ…

  3. アキバ系雑談

    オリジナルテンプレが欲しいですね

    HTMLを学び、それなりに(素人技ではありますが)使い…

  4. アキバ系雑談

    究極のメイドメイドカフェを作ろう!

    ネタなどではなくこちらで意見募集しているようですよ?ちょっと見てみよ…

  5. アキバ系雑談

    アキバでロードワーク!

    こんなことしてるの私ぐらいのものでしょうw早朝(五時過ぎ)に起き出して…

  6. アキバ系雑談

    どうして2chはOCNでは見れないのか?

    全く持って気になりますよね。2chを利用するしないに関わらず、何か問題…

人気記事

最新記事

  1. モンスターボールPLUSのインプレッション(レビュー)
  2. 娯楽としてのネットの自由はもういらないのでは?
  3. キャッシュレス・電子マネー反対派よ、有人レジはキャバクラだよ…
  4. スマホが縦長だからって縦動画になるもんかね
  5. 書店と書店員のブランド化が危険だなぁと思う理由
  6. 新潮社の本は置きませんという本屋の宣言について
  7. 若者のための「新世代党」とかいう試案

レコメンド

  1. シリーズアキバ

    物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  2. アキバ系雑談

    書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  3. シリーズアキバ

    ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
  4. アキバ系雑談

    「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  5. KING PRESS

    謹慎と不謹慎のあいだ
PAGE TOP