KING PRESS

本日のちょっくらニュース(12/2 17:50更新)

Pocket

秋王新聞今回は毒が多い気もします。苦情メール過去最多の悪寒。
更に2本ニュースを追加(17:50)
最新ニュースは上に追加してあります。


「モノよりカネ」発言で 辻元ブログが「祭り」
ちょっとした豆知識を。北朝鮮への援助で最も効果的なのは、とうもろこしを送る事だそうです。日本では飼料用にされてしまうようなとうもろこし(乾燥でもおkらしい)を送ると、党の幹部や首領様は食べられないので、貧困にあえぐ人民に届き易いのだとか。仮に売り抜けようとしても買い手はつきにくいですし、大量に援助物資として送ったモノを外国に売り抜けることはなかなか難しいとか。


現物支給が最も信頼できる方法であるわけです。ですから、辻元議員の秘書さんには現物を支給しましょう。必要になったらリストを作って提出。それに応じて現物支給。いや、8割方ギャグですが、金はピンハネの恐れがありますし、現にそういった怪しい行為をやってますからね。彼女は。人間を送る事は組織や人件費など諸問題ありますが、人から人という形によって救われる部分があるようですから、一概に捨て置く事も出来ないはずです。


議員個人の見解であるならば、批判を恐れず国民と対立してはどうですか?説得を繰り返していけばいいのでは?左派は、社会正義を貫く事を掲げているんですから、好感度などの選対に力を注ぐのはなんだかなあと思います。現に問題の部分を削除してますし。選対に力を入れている党を非難する事はもう出来ませんね。左派の地盤沈下を以前より取り上げておりますが、これもまたそうなのかなと。最近やけにアグレッシブな自民に押されて守りに必死なんでしょうかね。分かってはいますが、どいつもこいつも、右も左も国益なんざロクに考えちゃ居ないってわけですか。


ちなみに、社民党は2005年のマニフェストとして、現金給付偏重から、サービス給付充実へを掲げています。これは国内の福祉に関してですが、自国さえ良ければいいやってことですか?w
マニフェストと反対の位置に立っている人間を置いているわけですし、自民の復党議員を叩くのはちょっと・・・って感じもしますよね。


米空港、「ヌード同然」検査導入へ 画像にぼかしで配慮
ちょっと分からないんですが、これは画像全体をぼかしちゃうんですかね?それじゃああんまり意味ないですし、良い塩梅にするんでしょうか。この技術を悪用すれば「透視メガネ~♪」なんてものが出てくるのも時間の問題でしょうか。繊維類が反射する光を受けつけずに、人の肌が反射する光だけを拾えば良いわけですから・・・出来なくはない?


暴力的ゲームが脳に影響――米教授が研究を報告
そもそもこの実験方法が正しいのかどうか甚だ疑問です。熱血の映画や小説を読んで、俺も頑張ろう!とか、北斗の拳を読んで強くなった気分になるとか、史上最強の弟子ケンイチを読んで体鍛えてみっか!とか、そういった作品が人間の日常行動に影響を及ぼす事はあり得ます。しかし、それが、脳をおかしくするとかいう議論は飛びすぎでしょう。プラスに働くという面を無視してマイナス面ばかり強調しすぎですね。


また、過激なゲームをする人間が居て、その人間が犯罪行為に及んだ際、ゲームのせいだと断定できますか?犯罪行為がしたい人間がゲームもプレイしただけかもしれません。ふつう、ゲームによって影響を受けない人間が多数だと考えられます。AVを見て強姦魔と化す人間も居るのかもしれませんが、ごくごく少数でしょう。


そんなごくごく少数によって引き起こされた犯罪の責任をコンテンツに負わせるんでしたら、ニュースを見て頭に来たから某団体に嫌がらせをしたとかそういったメディアの報道によって引き起こされる犯罪の責任も負っていただかねばなりませんね。ゲーム、アニメ、漫画、これらと一緒に全ての報道機関と、小説、映画、劇、格闘技、スポーツといった娯楽一切を中止していただきましょう。


こう言うと、ハァ?みたいな事を言う輩がおりますが、規制論者もこんなトンデモを言っているわけです。すこし頭を冷やしてきていただきたいですね。


プリキュア新番組製作決定タイトルは「Yes!プリキュア5」
止まらぬプリキュアパワー。日曜朝なのに大きなお友達のおかげで数字も絶好調ナリー!!


いじめ:「なれ合い型」指摘に現場でさまざま声
所詮分からん人間同士で話し合っても、的外れな回答しか出てこない。私はこう思います。苛めのメカニズムがどのようなものであるかさえ知らない人間が語っているのですから。車の操作法を知らない人間が、ドライブの楽しさについて話し合ってるようなものです。せいぜい妄想やステレオタイプな意見しか出てこないでしょう。


苛めはなぜ起きるのか。苛めの対象となる人間と苛める人間が居るからです。苛めの初歩はどんなものか?それは集団での暴言や無視です。終局に近付けば、暴力や恐喝を伴いますが、初期段階では集団でのちょっとした嫌がらせに終始するものです。そして、大半の苛めはこういった軽度のものであると推察されます。これに関しての統計は見当たりませんでした。


さて、苛めに共通している事。それは主に集団で行うというものです。つまり、馴れ合い型で行われるのです。鬼の首を取ったように嬉々として「なれあい型」などと名付けたんでしょうが、こんな括りは無意味って事です。分かってない証拠のような気がしてなりませんね。


【正論】村上和雄 「いのち」はなぜ尊いのか
私は命は尊くも何ともないと考えます。生殖活動をしたから生まれた。それに対して人間が勝手に意味づけをしているに過ぎないと。生命倫理に反するなんていうのも、人による後付けでしょう。生きたい人間は生き、死にたい人間は死ぬ。これが生命選択の自由であり権利であるはずです。


こんなテンプレな言説が「正論」とは笑わせてくれると。全ての生命体が尊いとするのであればまだしも、ヒトは素晴らしいと言う事は、優れたヒトはそれに劣る家禽類や植物を食らう事は許されるのか。生命倫理は人間だけに適応される俺様ルールですか?現に食ったりしてるわけですから。強いものが正義だと?生きるためには殺戮も仕方ないと?捻くれた言い方をすればこうなりますよね。命が平等なんて幻想でしょう。


究極的な話をしてしまえばこうなるわけです。倫理なんてクソくらえ。とばかりに悪口暴言を書き散らしていますが、これは、タブーを突き詰めるとそこには何もない場合が多い事に気付いてしまったからです。


「他人を殺してはいけません。」
こんなことは耳にタコが出来るほど聞いたでしょう。
「どうしてころしちゃいけないの?」
これも子供のみならず大人でも疑問に思うテーマですよね。しかし、世の大人たちは明確な答えを持ちません。聞けば、「そんな事を言うな」とか、「そんな事を言ってる奴はガキだ」などと封殺し、考えさせません。さしずめ回答として、
「その人の知り合いが悲しむでしょう?」


こんなところでしょうか。じゃあ、悲しむ人が居ない相手なら殺してもいいのか。殺しても悲しむ程度なのか。悲しむ程度なのになぜ人を殺すと法による報復を受けねばならないのか。疑問は尽きませんよね。これに対して私は答えを持ち合わせているつもりです。若輩者の捻り出した答えですし、皆さんももうお気付きであろうと思われますが、その答えとは、


「他人を殺せば自分も殺される」


これです。力あるものが正義という単純な社会構造。これは今の社会の中にも生きています。しかし、単純に力を比べあって勝者を決める社会に反対する人が沢山居る。それが人口の大半を占める弱者です。弱者は強者によって屠られない為にも法律を創り、秩序を創り直し、平穏を得ていったわけです。また、力のみで築いたものは更なる力によって破壊されてしまいます。これでは最強の存在以外は戦々恐々です。


気に入らないから殺す→自分より強い人間に殺される可能性を秘める
こうならない為に人は他人を殺さないと決めたのであろうと。倫理などではなく、我が身可愛さだと私は考えています。まどろっこしい生命の神秘と倫理観なぞ不要。最も合理的に、超現実的に考えれば済む事ではないでしょうか。


倉田真由美さん会社、所得隠し=「だめんず・うぉ~か~」で人気
社名「たまくら」だけにだまくらかしてたんだろ!なんて親父ギャグが聞こえてきそうです。


酒飲みのダイエット
飲まないし食べないのがベストに決まってます。どうしても酒が飲みたければ肝臓を壊すほど飲んでみては?後は勝手に痩せられます。本当にバカバカしいですね。


メールの感嘆符『!』『?』で相手の気持ちがわかる?
こんな記事を書くのは・・・そうです。ゲソダイとファソキー通信くらいですw


「新型ゲーム機発売」主役はマスコミ?(上)
そんなもんでしょ。奴らはジャーナリズムは法をも超越すると信じてますからね。真実のためなら・・・なんて言って、偏った事実を報道して自己満足する集団ですから。加えてアキバでしょう?並んでる=オタク→人権はないってな変換がされたのかもしれませんね。寝てる奴起こしてまでインタビューする必要なんてあるんだろうか。そもそもインタビューなんて社に持ち帰れば使えそうなソースだけ選んで放送するんですし、あんな偏ったものには価値が見出せないんですが。


関係ないですが、PJニュースの最後に付いている、
※この記事は、PJ個人の文責によるもので、法人としてのライブドアの見解・意向を示すものではありません。また、PJニュースはライブドアのニュース部門、ライブドア・ニュースとは無関係です。
の部分がどうも解せません。民間のニュースブログなどからランダムで上げているならまだしも、ライブドアお抱えなわけじゃないですか。社として掲載している以上これはいくらなんでもないよなぁ・・・と思ったり。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

レコメンド

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP