アキバゲーム

Xbox360 インディーズゲーム『NINJA・Chop!!』レビュー


IMG_1011まさかのインディーズゲームレビューです。インディーズゲームとは、Xbox360が配信している、ゲームメーカー以外の小規模ソフトハウスや個人が作成した簡単なゲームを低価格で配信し、新しい才能を支援するというMSの事業の一環です。パッケージとしてはとても売れないが、ミニゲームとしては十分なタイトルからどうしようもないネタゲーまで様々。見所のある企画です。購入にはMSP(マイクロソフトポイント)通称ゲイツポイントが必要です。


IMG_1010

今回紹介するのは『NINJA・Chop!!』です。(価格240MSP/容量48MB)
ゲームは簡単。移動するメーターとカーソルを一致させ、並んでいる牛乳瓶を手刀で切る。それだけ。何がニンジャかってーと、手刀を繰り出すキャラが「くのいち」なんですね。
IMG_1013IMG_1012

くのいちが主人公なんですけど、そんなもの一瞬で、ゲームをクリアというか、延々と手刀で牛乳瓶を切り続け、経験値を貯めてレベルが上がれば衣装が増えます。左の忍装束から右のセーラー服へ。まあ、くのいちですからそういう事もありえるんでしょうが、体型が全く忍ぶ気がないですね。どこかの殿様や重役をたらし込む専門でしょうか。

IMG_1011IMG_1005

目の前に並べられた5本の牛乳瓶を切る。
切るとですね、中身が入っているので当然(?)↓こうなる。
IMG_1009

ああ、なるほど。バカなんだ。白濁した「ニンジャ」を見れば、日本人も欧米人も大喜び!ということか?
こんなゲームでも配信できる自由度が面白い。普通、ゲームメーカーは許可しない。と言いたいが、任天堂もMSもこの辺りは寛容なんですよね。ゲームの内容やクオリティチェックという名の「ブランド差別」を行わない。こういった登竜門を用意する事自体に意味がある。バカゲー結構。体験版が全てのインディーズゲームにはあるのだから、誤って購入(クソゲーを掴まされる)なんて事もない。納得した人だけ買えばよい。

ニンジャと名の付くゲームが多いのは海外を意識しての事でしょう。
この他にも面白いニンジャゲーがあるので、頃合を見てご紹介したいと思います。

関連記事

  1. アキバゲーム

    『スーパーストリートファイター2 ターボ HD Remix』攻略ページ

    とりあえず、プレイしていて感じた変更点を幾つか。もし気が向いたら色々調…

  2. アキバレビュー

    あまぎみちひと『むちえろ』レビュー

    キルタイムコミュニケーションのアンリアルコミックス、『むちえろ』です。…

  3. アキバゲーム

    『無人島物語 (SFC)』レビュー

    【タイトル】『無人島物語』【メーカー】KSS(ケイエスエス)【ジャンル…

  4. アキバゲーム

    サクラ大戦Ⅴ発売を前にして

    ここアキバがにわかに活気付いています。すでにメディアランド秋葉原店は…

  5. アキバゲーム

    秋葉原の街は大混乱の予感 パート3

    今日はメルティブラッドの修正ディスクが配布されるということで秋葉原の…

  6. アキバレビュー

    アニメ化された『はなまる幼稚園7巻』レビュー

    アニメ化された作品を買うのはとても抵抗がある。連載開始の頃からのファン…

レコメンド

PAGE TOP