ネットの匿名性は犯罪を誘発するか | アキバの王に俺はなる!!!

シリーズアキバ

ネットの匿名性は犯罪を誘発するか

Pocket

最高裁

ネットが匿名であるせいで、犯罪が引き起こされる。これは是か非か。
私個人としては、是だと思っています。個人的に思っているだけですが。
事細かに分類すれば、死ねだのなんだから、クスリ売ってくれなど、
直接的なものから犯罪のための組織構築まで幅広く使われているのが現状。
もちろん、わいせつ画像なんてものは氾濫しておるわけでして、
ネットが匿名であるために起こる犯罪というものはあるでしょう。


そもそもネットがなければ、ネットにまつわる犯罪はなかったわけですから、
犯罪の数を押し上げていると考えられます。

しかし、ネットが非匿名になったからといって、これが必ずしも減少するとはいえないかも
しれません。これはやってみないとわからないことです。
とはいえ、世の中は広い。軽自動車だからと軽油を給油する輩がいるんです。
と書いて、ドッと笑うのは車を運転できる人、詳しい人でしょう。
「何がおかしいの?」と思う人もたくさんいるわけです。
車が要らない人や、車に詳しくない人の中には。給油が怖いからと、
毎度彼氏にセルフのスタンドで満タンにしてもらう女性を私は知っています。
どうして車が走っているのかわからなくても車は運転できます。
ネットも同様です。私だって細かい仕組みなんて知りません。それでも扱える。
ですから、匿名だから大丈夫だと思ってしまう人がいても不思議ではない。
という風に持論を展開したいわけです。

人が見ている中で万引きをする人は、まあ、いません。誰も見てないから…と盗むのです。
ネット免許証のようなもので個人を管理でき、実名での書き込みを義務づければ、
犯罪やいざこざは減るのでは?と考えるのが流れとしては自然でしょう。
そのために色々なものが犠牲になったり、制限されることがあるのは間違いのないところ。
ここから先は、どれだけ日本人のネットモラルが成熟するかにかかっていると思います。
匿名でも十分運営していくことができるくらいの成熟は、そう簡単ではないかもしれませんが。
かつて私も様々な嫌がらせを受けました。ネットでもそうですし、現実でも。
こういう思いをする方がいなくならない限り、ネットの匿名を許すなという声は消えません。
各位の努力と冷静さがなによりも必要でしょう。

最後になりましたが、自身が実名だからといって匿名の人間を見下したり、犯罪者扱いを
する人間は、いうまでもありませんが匿名の人間よりはるかに害悪です。
ネットも現実ではありますが、現実社会の肩書き等を振りかざすために実名を使うなんてのは、
下の下です。ネットのフリー精神を害するばかりで、ガン細胞です。
また、実名だったらなにかすごいのかということを、ちゃんと伝えてあげなければなりません。
私は雨龍という名前ですが、ラジオのハガキ職人だったころは「れいんどらごん」、
(林原めぐみ閣下ほかのラジオに投稿していました)でしたし、ゲーム雑誌やパソコン誌では
RDなどと気取っていました。中学生でしたからね。
では、私は犯罪者なのか。発言に責任をもたない、人間とみなせない存在なのか。
そんなことはありません。使う名前と、その人物の行動原理はイコールにはならないはずです。
もちろん、名前を都合よく変えていく人もいるでしょう。しかし、そういう人間がいるからと
いって、すべての人間が犯罪者であるかのように語るのは、いくらなんでも暴論です。
そんな差別主義者が、ネットで中傷を受けた人間を守れなどと、人権派を気取るなど、
へそで茶が沸くというもの。

ネットが一般に浸透した今日、匿名でも実名でも、今後は今まで以上にモラルが求められる
ことは間違いのないことかと思います。

関連記事

  1. アキバ系雑談

    電子書籍からの爆撃 1

    電子書籍の時代がやってくる。巷では何やら守銭奴による団体と、団体に属し…

  2. シリーズアキバ

    【3年前の記事の蔵出し】性欲保存則

    この記事限らずですが、全ての人に当てはまる社会科学の法則はそうはないで…

  3. シリーズアキバ

    環境犯罪誘因説とオタク文化

    犯罪はどのような原因で起こるのか。それは現代社会の命題でもあります。中…

  4. シリーズアキバ

    決して年寄りは傷つかない。年寄りは犯罪しても仕方ない論

    高齢者の犯罪は激増傾向にあるそうです。年寄り(団塊)は犯罪をしない。若…

  5. シリーズアキバ

    メディア芸術センターは必要か?

    政府によるメディア介入。日本国の為になる物を芸術だの、メディアだのと取…

  6. KING PRESS

    ブログのコメント欄を削除することで見えてきたもの

    私自身、コメント欄のないブログは卑怯だ、ズルだと思っておりました。その…

レコメンド

PAGE TOP