アキバゲーム

Xbox Oneのホーム画面に出る名前を変更する方法

Pocket

Xbox Oneのホーム画面で名前を出さない

Xbox Oneでログインすると、ゲーマータグに結びつけられているアカウントに登録されている名前が表示されます。「こんにちは ○○(下の名前)さん」といったフレンドリーな感じで欧米人にとっては馴染み深いのでしょうが、我々日本人にはちょっとアレです。ましてやホーム画面込みでゲームの配信をされている方で、本名がバーンとフルネームで表示された日には特定必至。名前の公開設定で名前は表示しないという設定もありますが、それはフレンド等に対してのみで、ホーム画面では堂々と表示されてしまいます(配信していればおしまいです)。そこで今回はホーム画面に出る名前を変更する方法についてお伝えいたします。

Xbox One ホーム画面で名前を出さない

左側のゲーマーアイコンの下にゲーマータグ、その下に名前という順に表示されますが、ここが本名だと困る人は多いでしょう。この名前を変更する最も簡単な方法は、PCのマイクロソフトのアカウントサイトで変更してしまうというものです。ここに登録されている名前をXbox Oneのアカウントと結びついている場合、この方法が一番手っ取り早く済みます。なお、変更の反映には数分程度かかります。また、変更後Xbox Oneは再起動した方がいいかもしれません。

次にXbox Oneから変更する方法です。ダッシュボードから設定を選び、自分の情報を選びます。次に名前の公開設定を選び、次のページに洗われる名前の公開を設定を再度選択。すると、名前の編集という項目が出てまいりますので、そちらで公開したい名前へ変更していただけばOKです。また、この項目から名前を公開したい相手を個別に選択することも可能。360時代からの気心知れたフレンドや、交友関係の方にのみハンドルネームを見せることもできます。

いずれの場合もそれほど難しくありませんよね。早速使って気兼ねない箱1ライフを送りましょう!

 

ピックアップ記事

  1. 電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
  2. 日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  3. 物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  4. 「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  5. 謹慎と不謹慎のあいだ

関連記事

  1. アキバゲーム

    BFBC2クランSF2小隊

    2週間近くネットから離れて居りました。やっとネットも開通し、念願のバト…

  2. アキバゲーム

    カウボーイビバップ未確認小ネタ

    ビバップの話しをクサボウボウさんでしていたのでまだまだ捨てたモンじゃな…

  3. アキバゲーム

    欽ちゃんがパワプロ12に登場 茨城ゴールデンゴールズの参戦

    まっさかーネタでしょ?NETA?って私も思いましたが、ほんとうのよう…

  4. アキバゲーム

    マリオランの評価に見るオタクの今昔について

    スマートフォン向けアプリゲーム、スーパーマリオランが公開されましたね。…

  5. アキバゲーム

    【小ネタ】Wii Fit Uのエイプリルフールネタ

    ウィーボ君はアメリカンなハットを被って、今日がエイプリルフールであるこ…

  6. アキバゲーム

    【ネタバレ】クラッシュフィーバー記念イベント「ミリオンダックを追え」

    アプリゲーム、クラッシュフィーバーが100万ダウンロードとのこと。それ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

最新記事

  1. 格ゲーは勝てないからおもしろくない、初心者排除だ問題
  2. ツイッターのタイムラインが消えたりリプライ(会話)だけになる…
  3. 電子書籍の普及は、アダルトパワーの活用しかないと思う
  4. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips…
  5. Xbox ONEでACE COMBAT6(エースコンバット6…
  6. モンスターボールPLUSのインプレッション(レビュー)
  7. 娯楽としてのネットの自由はもういらないのでは?

レコメンド

  1. KING PRESS

    謹慎と不謹慎のあいだ
  2. アキバ系雑談

    日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  3. アキバゲーム

    パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  4. アキバ系雑談

    書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  5. シリーズアキバ

    ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
PAGE TOP