アキバ系雑談

ネットやメディアの「賛否両論」について思う

Pocket

賛否両論なら、等しく両方聞かないでおこう

 

最近、「賛否両論ある」といわれることが増えました。

統計的にはわかりませんが、私個人としてです。

で、そういう言葉を使う人は、だいたい「否」のほうに重きを置いている人です。

つまり、「それは賛成しかねるから、やめろとはいわないけれど、自発的にやめてください」ということです。これはとても小狡い(こずるい)と思うんですな。自分が表立ってやりあうんじゃなく、賛否あると世間を持ち出して、自発的にやめろと圧力をかける。辞めたことで得られたチャンスや利益を棒に振っても、私は関係ない、自分で決めたんでしょう? と、逃げる。

 

だから、賛否両論ある場合、両方等しく聞かないことにしようと。近ごろ思うようになってきたんです。応援に乗せられることもなければ、否定にくじけることもない。自分がやろうかなと思ったらやる。それで失敗して大怪我したって、それはもう、本当に自己責任。

 

賛否の「否」に耳を傾けるということは、際限なくその否定論者に賛成するってことでもあります。賛成という人は結構あっさりどっかに行っちゃいますけど、反対!っていう人は、絶対に許してくれません。毛の一本、血の一滴すらこの世に残さないと思っているくらい、執念深く潰しにきたりします。だから、両方、平等に扱う。

 

そんなムチャクチャが通るわけがない!と思いますよね。私も思います。でも、そんな話が通るか!という否定的意見を無視し続けた結果、のびのびとした人生を送ったり、大成功したりしている人がいることも事実。小学5年くらいの頭しかないといわれる人がアメリカの大統領でしょう? あの人、スーパー人のいうこと聞かないんですって。半端に賢いと、先々のリスクを考えてしまってな〜んにもできなくなっちゃうのかもしれません。でも、バカなら、バカじゃなくても、そういう賛否いずれも聞かなければ、もしかすると、もしかするかも、と思うんです。

 

敵の多い人生になることは間違いないでしょうけどね……。

敵がいることも気づかないような、両論無視ができるとおもしろいかもしれませんね。

ピックアップ記事

  1. 物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  2. ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
  3. 書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  4. 謹慎と不謹慎のあいだ
  5. 日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう

関連記事

  1. アキバ系雑談

    簡易更新 ハレ晴レユカイはアキバで買うな?

    本日の午後、語学の試験がありますので、更新が低調です。申し訳ありません…

  2. アキバ系雑談

    ファストブック化の進行について ~本作りの現場から~

    今更ですが、本って何だろう。自分は本を読む事は好きではありません。それ…

  3. アキバ系雑談

    オタク哲学会

    この度発足いたしましたオタク哲学会。現在オタバがβ版のため、十分な討論…

  4. アキバ系雑談

    アキバにとって地震は天敵です!

    ここ最近東京近辺でおきている地震活動。これは多くの秋葉原の店舗に打撃…

  5. アキバ系雑談

    Windows8でChrome等が全画面表示になる場合の解除法

    「Windows8.1だぜやったー!」といったのも束の間「全画面表示強…

  6. アキバ系雑談

    ハイパーヲタクスカウターを使用してみますた

    ハイパーヲタクスカウター(ふぃふmemo様で発見)で、早速使用…私…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

最新記事

  1. 娯楽としてのネットの自由はもういらないのでは?
  2. キャッシュレス・電子マネー反対派よ、有人レジはキャバクラだよ…
  3. スマホが縦長だからって縦動画になるもんかね
  4. 書店と書店員のブランド化が危険だなぁと思う理由
  5. 新潮社の本は置きませんという本屋の宣言について
  6. 若者のための「新世代党」とかいう試案
  7. 「擬古とギコ猫」流行語は下賤か

レコメンド

  1. アキバゲーム

    パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  2. KING PRESS

    謹慎と不謹慎のあいだ
  3. シリーズアキバ

    物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  4. シリーズアキバ

    ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
  5. アキバ系雑談

    電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
PAGE TOP