シリーズアキバ

若年層バッシング「親」

Pocket

シリーズ朝の報道番組を予測してたら勢いでこんな記事を書いてしまいました。今日は更新のしすぎですが、皆さんお許しをw
オタクがダメなら若者バッシング!がメディアの得意な戦法ですので、無いとは言い切れない記事に仕上がっております。


米山豪憲君を殺したのは豪憲君の友人の畠山彩香ちゃんの母親である可能性が高まってきました。

ここから起こりうる、若者バッシングを予想してみます。想定問答集ってやつですか?
犯人が(現段階では容疑者ですが)オタクでなければ今度は絶対、最近の若い人間は親になってはいけない! とか言い出すでしょうから。

(栃木県警は本気でオタクが人を殺したと思ってます。秋田県警もそう思っていたからこんなに逮捕が遅れたんでしょうかね?)

さて、最近の親はバカだから子供との接し方を知らない!とか言う論ですが、これは正しいかもしれません。これが正しかったとして、論を進めます。正しくない可能性だって勿論ありますし、年寄りの妄言の可能性は極めて高いですねw

最近の親はバカだから子供との接し方を知らない!
→しかしそれは、自分が親になった際に教えてくれる人が居なかったからではないかと。

いわゆる核家族化ですね。これは、団塊の世代によって急速に進行しました。集団就職による過疎化の対局に、都市への一局集中と核家族化があったと言えます。 彼ら団塊はその親と過ごしていません。子育ては本来、親の親から教わりながらするものです。

お祖父さん、お祖母さんが孫の面倒の見方を教えてくれる。それを継承していくものですが、核家族化で世代の断絶が起こり、継承が行われなくなった。 で、子育てなどに苦労したり、して爆発・・・。

こんなストーリーがありそうです。 単に、最近の若者はバカだから。なんて安直なモノでは恐らく無い。

若者=全てダメだ

という考え方が蔓延する昨今、今日の朝の報道番組ではこんな若者バッシングと絡めた言説が飛び出しそうで嫌な気分ですね。 皆さんはどうお考えになりますか?



ありそうなバッシング方法だな!って方は是非ワンクリを~。
人気ブログランキング ←ぽちっと押して下さると、狂喜乱舞しますw

ピックアップ記事

  1. 書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  2. 日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  3. 「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  4. ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
  5. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips

関連記事

  1. アキバ系雑談

    もうお前ら、恵方巻き食うなよ

    …なんかもう、耐えられない。理由が分からない人は関西圏の…

  2. シリーズアキバ

    今の若い編集者をめぐる意見の考察

    今の若い編集者は……と言う人間は、100%…

  3. シリーズアキバ

    狡猾で下劣なのはどっちだ。ネットメディアの悪辣さを読む

    画像はイメージです、ほう、何をイメージしているんだね。近年、マスゴミと…

  4. シリーズアキバ

    ゲームは性能が倍になっても、ユーザーも利益も倍にはならない

    ゲーム機の進歩には目をみはるものがある。しかし、いかに進歩しても、ユー…

  5. シリーズアキバ

    アニメDVDBOXに関係する話題

    高過ぎて買う気が起きない。そんな風に感じた事はありませんか?私はしょっ…

  6. Book-Grub

    暗殺教室における「できる側」の描き方について思うこと

    週刊少年ジャンプに掲載されている「暗殺教室」おもしろいですよね。連載開…

人気記事

最新記事

  1. 格ゲーは勝てないからおもしろくない、初心者排除だ問題
  2. ツイッターのタイムラインが消えたりリプライ(会話)だけになる…
  3. 電子書籍の普及は、アダルトパワーの活用しかないと思う
  4. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips…
  5. Xbox ONEでACE COMBAT6(エースコンバット6…
  6. モンスターボールPLUSのインプレッション(レビュー)
  7. 娯楽としてのネットの自由はもういらないのでは?

レコメンド

  1. シリーズアキバ

    物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  2. アキバ系雑談

    「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  3. アキバ系雑談

    電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
  4. アキバゲーム

    パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips
  5. アキバ系雑談

    書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
PAGE TOP