シリーズアキバ

  1. 社会通念と人文地理学の諸問題について

    私がよく苦渋を味わった「山村の過疎化を止める」「商店街の街興し」「自然の景観を守れ」これら3つは最も端的にこの問題を表している。山村問題は、山村を守ることが善。…

  2. 事件を食い物にする姿勢がどうにも気に入らない

    事件を食い物にする姿勢がどうにも気に入らない。 善意や歴史、資料的価値を考えて語り継ごうという姿勢は全く問題ない。評価すべきだし、支援すべき。しかし、その周辺、…

  3. ファストブック化の進行について ~本作りの現場から~

    今更ですが、本って何だろう。自分は本を読む事は好きではありません。それで本を云々するなんてとんでもない事かもしれません。しかし、私は本を作ったり、読んで貰うこと…

  4. mixi考

    2005年前後のmixiはなぜあんなに元気だったのか考えてみる。 かつて、「mixi八分」という言葉があった事を覚えておられるだろうか。 今、mixiを始めた人…

  5. 口蹄疫と日本の牛肉産業

    自分の舌、目で物を味わえない食通ぶった馬鹿者共はブランドでしか物を買わんから、良いビジネスチャンスかもしれない。 隠岐牛などは現地に赴いて農作業体験などを踏まえ…

  6. 2010年はネット言論の終焉かもしれない

    掲示板とかで偉そうに物を言ってる連中が、世間ズレどころか真逆だって事。 まるで神にでもなったかのような物言いや、世間が認める物への反抗。 これだけで生きている奴…

  7. 情報発信者としての責務と在り方について

    誰かが不幸になるのを待っている、そんな報道はしたくない。誰かを幸せにする為に何かを書き、発信することこそ報道のあるべき姿に思う。誰かが苦しんでいる姿を嬉々として…

  8. ネットの情報で購入するかどうかを判断するなんて

    「ネットの情報で購入するかどうかを判断するなんて俺はしないから、そんな影響はごくごく限られたものだろう。頭悪過ぎ。低学歴乙w」なーんて言ってる人を見ると、ギョッ…

  9. 世代、価値観などという言葉で逃げる大人に向けて

    今の時代が分からない、分からないから叩くってのは最低。分からないから無視する、諦めるってのも同罪。分かろうとする努力の中にバイアスの無い比較、批判が生まれるので…

  10. メンタルマップ作成のススメ

    本来なら、どういうものがメンタルマップなのか画像つきで紹介するのがスジなんでしょうが、スイマセン。億劫です。ペイントとかでちゃちゃっとやっても良いんですけど、億…

  11. 成年マンガ研究家として

    ツイッターのメモ書きまとめ 140字で表現しつつしていない矛盾だらけの駄文集。 GWにイベントや行楽の出先で「へぇ」と思っていただければと。 (さらに&he…

  12. 最近のオタクは最低限知っているべき事を知らない

    例えば、ファーストガンダムの事を今の若いオタクに話すのは流石にキツい。じゃあ、「ガンダム好きです」という子にはどうか。それでもキツいかもしれないが、ガンダム好き…

  13. 非実在青少年についての内ゲバでほとほと愛想が尽きました

    どこを見ても、何を開いても、最近は右派が悪い、左派が悪い、あいつが、お前がの大合唱。責任の擦り付け合いか。いいぞ!醜くて本当に面白い。 全く、何がしたいのか。何…

  14. メディアと性及び性犯罪について

    メディアと性犯罪については散々述べてまいりました。いつの時代も槍玉になる新しいメディア。週刊誌やVHSによって激減したと言える性犯罪(統計上の相関関係はあるが実…

  15. 非実在青少年問題を難解にして自分の賢さを示そうとする勢力について

    私は難しい事を分かりやすくしてくれるのが賢い人間、優れた人間だと信じています。今の非実在青少年問題についてオタク内で内ゲバを起こそうとしている連中は、作家も考え…

PAGE TOP