アキバレビュー

一体何が面白いマンガなのか?(最近読んだ面白い作品-ジャンプ系列)

Pocket

IMG_0596面白いマンガを作っていると思っているのは一部の自意識過剰な連中であって、面白いマンガなんてのは連載されている作品の3割以下だろう。大抵は売れているマンガであって、宗教的な背景を持つに至るまでテコ入れされた作品だ。マンガカルトが増えれば、後はどうとでもなる。そんなバブリーなやり方、そろそろやめませんか。

ここ最近読んでいて面白いなと思えた作品は以下。

・賢い犬リリエンタール
・遊戯王R
・遊戯王GX

主にジャンプ系列から選抜。なかなか面白い。遊戯王はGXが一番面白いかもしれない。少年誌として。Vジャンプは月刊なので、2~3ヶ月で決着をつけないといけないわけで、何よりもテンポが良い。

リリエンタールは週ジャン連載開始から4回目くらいですが、ここからが勝負か。
連載決定後に描き溜めてあったであろうネームが切れるだろうし、本当にこれまでの質を維持して連載が続くなら、ジャンプとしては少し異色な面白い連載になると思う。

言うまでもありませんが、ここ最近ですので、「バクマン」「ワンピース」といった作品は挙げません。「あねどきっ」も入れてみるかと思いましたが、ToLOVEる枠を引き継ぐ程ではない気がするので入れていません。面白い作品なんですけどね。掲載順位から見ればドンドン上位に来ているんで、語るまでも無いですが。

そろそろ危ないかもしれんのは、鍵人とAKABOSHIか。
ジャンプのジャンプたる所以、看板タイトル(腐女子タイトル)は知らんが、
それ以外の部分ではシビアに行ってほしい。

【蛇足】
この1年で最も評価を落とした雑誌としては、ヤングガンガンが挙がる。
次にゲッサンでしょうか。マガジンやサンデーは落ちるところまで落ちて、評価を下げるにはいかないので。残念ながらランクインせず。ヤングガンガンは連載の終了が痛い。サンレッドと愉快な萌えバトル雑誌に成り下がった。確かにその傾向はずっと持っていたが、主力の脱落やアニメ化成金がいけない。

ゲッサンは完全に個人的な物ですが、あずまんが大王が終了したのでもう買う予定も無い。
というだけですが。

ピックアップ記事

  1. ブログ・SNS時代前夜の話とインターネット村社会
  2. 電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
  3. 謹慎と不謹慎のあいだ
  4. 書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  5. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips

関連記事

  1. アキバレビュー

    本田透先生の新作電波大戦はちょっとがっかり

    単刀直入に申しまして、今回の作品は残念でなりません。全く面白く無い…

  2. アキバゲーム

    ピクミン3プレイレビュー

    鳴り物入りで登場となったピクミン3。任天堂のソフトはその完成度と口コミ…

  3. アキバレビュー

    エヴァとK・SWISSのコラボスニーカーで秋葉原を往こう!

    K-SWISSとエヴァンゲリオン3.0のコラボとして発売されましたスニ…

  4. アキバゲーム

    日本語版トロピコ3(TROPICO3)はインパクト不足!!

    ゲーム内容は変わらずきっと面白いはずです。実績が別であれば、私は日本語…

  5. アキバレビュー

    【成年向】三糸シド先生『ぽっぴんcherry』レビュー

    三糸シド先生の単行本『ぽっぴんcherry』ですが、カラー原稿2本がそ…

  6. アキバレビュー

    『ALL ABOUT ぷよぷよ通』レビュー

    電波新聞社のベーマガ関係のゲーム攻略本、ALL ABOUTシリーズをゲ…

人気記事

最新記事

  1. 格ゲーは勝てないからおもしろくない、初心者排除だ問題
  2. ツイッターのタイムラインが消えたりリプライ(会話)だけになる…
  3. 電子書籍の普及は、アダルトパワーの活用しかないと思う
  4. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips…
  5. Xbox ONEでACE COMBAT6(エースコンバット6…
  6. モンスターボールPLUSのインプレッション(レビュー)
  7. 娯楽としてのネットの自由はもういらないのでは?

レコメンド

  1. アキバ系雑談

    「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  2. シリーズアキバ

    物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  3. アキバ系雑談

    日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  4. アキバ系雑談

    書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  5. KING PRESS

    謹慎と不謹慎のあいだ
PAGE TOP