アキバ系雑談

ストーリーテラー選考


【ストーリーテラー選考】
テーマが先ず与えられる。「失敗談」「この絵を見て物語を書け」「頭に来る人」などなど。
これについて素早く作文したり、一人二役を演じたりして面接の場で独創的な物語を展開する。
ギョッとさせられる選考だが、作家以上に編集者は面白い物に敏感で、面白いことを考えなければなら無い。作家はつまらなければ自分の勝手で餓えて死ぬだけだが、編集者は会社に属するサラリーマンだ。会社が傾かれては困る。物書き以上の感性が時には必要となる。

考えられない場合や、恥かしくて演じられない、上手く語れないというのは、どうやら致命的なようで、ものづくりの現場では自分の企画を上手く相手に伝えられなければならない場面が幾つもあるからだろう。企画会議や作家との交渉において、上手く伝えられない、恥を忍べないというのは許されないようだ。当然、面白い人材であれば社内の空気を温めるだろうし、社風に合う人間かどうかも見極められる。ガチガチの会社で寸劇(コント)をやらかしても駄目だろう。

関連記事

  1. アキバ系雑談

    mixi考

    2005年前後のmixiはなぜあんなに元気だったのか考えてみる。 かつ…

  2. アキバ系雑談

    mixi利用者率急落。学生の利用率はわずか2%に

    朝日新聞デジタル(Web版)に掲載された情報によれば、最も利用するSN…

  3. アキバ系雑談

    電子書籍からの爆撃 1

    電子書籍の時代がやってくる。巷では何やら守銭奴による団体と、団体に属し…

  4. アキバ系雑談

    美味しんぼ『炭火の魔力』としろうと鰻

    炭火の魔力という話があります。美味しんぼの鰻の話なんですけどね。 これ…

  5. アキバ系雑談

    格ゲーの共通システムに関する一家言

    あまりにも書くべきことが短いので、別にブログに書かなくてもいいじゃん。…

  6. アキバ系雑談

    男と女の料理観

    女性の方が圧倒的に有利なのに。生まれながらにして男を選べる立場にあるの…

レコメンド

PAGE TOP