アキバゲーム

『END WAR』をプレイしてみて思うこと

Pocket

END WARUBIのトム・クランシーシリーズ。ゴーストリコン以来のトム・クランシーシリーズのソフトですが、いつもの60点ソフトですね。UBIは60~70点以上のゲームを出せないのか。駄作でもなければ名作でもない。ただ、キャラのモデリングや映像は日本の追随など許さない。そんなゲーム。


RTSで、しかもユニットを強化出来ると聞いていて期待していた。ただ、2月に新作ソフトが色々出たのと、Halo Warsが出るということで、スルーしていたソフトがこの『END WAR』です。どう考えたって実績のあるスタジオと、MS製ってことでHalo Warsを優先すべきだったし。内容的にもその選択は間違っていなかった。


END WARの強み
・シアターオブウォーが新しい
・ボイスコマンド(認識性に難あり)
・現代の戦闘指揮を体感できる
・過去のトム・クランシーシリーズの話題が出てくる

END WARの弱み
・ユニット視点ではなく、戦術マップを見ているだけで攻略可能
・キャラボイス周りのつまらなさが際立っている(ボイスが棒読み/少ない)
・RTSではないと思うのだが
・ユニットカスタマイズの制限が多い
・対人戦に大きな穴がある


では、強みから解説を。シアターオブウォーというのは、全世界の人間が3つの勢力(アメリカ/ヨーロッパ/ロシア)に別れて一定期間毎に対戦するというオンライン対戦です。アメリカの勢力に属した人は、アメリカ勢力の人は全員友軍扱いになり、ヨーロッパやロシア軍は敵となります。この勝敗の結果が逐一アップロードされ、地球上の勢力図が刻々と変わっていく。自分は最も利用者の少ないロシア軍(歩兵が強い)ですが、最大勢力のアメリカを押し戻す快感という物があって良い。使用者が少ないということは当然劣勢なのですが、烏合の衆の一となるなら鶏頭になりたいなと。


また、ボイスコマンドはまともに機能しませんが、認識してくれると一瞬だけ面白い。
面倒なので使いませんが。


次に弱い面。一番目に付くのはボリューム不足ですが、これはUBIの定番。
5~6時間くらいしか遊べない。というのは、オフラインはオンライン用のプラクティスみたいなもので、これがメインではないというのがUBIの理念のようなので。
だらだらと作業的なCPU戦を遊ばされるだけの根性がないので、対人戦であれこれと逐一頭を捻って強くなりたい私としてはこれくらいでも構わないんですが。


また、ユニット視点で移動や攻撃をする必要性が感じられない。全くないとは言えませんが、戦術マップ、つまりは部隊配置を確認する図面上で味方を移動させ、敵と交戦させる。それだけで遊べてしまうし、ちゃんと動かない人(主にアメリカ人)相手なら即倒せてしまったりする。ただの平面上での対戦はさながら紙将棋。いや、紙将棋以下。私は戦術マップ上での戦闘も嫌いではないですし、的確に指示が出せるので良いんですけどね。


あとはカスタマイズ。カスタマイズとは名ばかりで、実はユニット育成。
育成したユニットは継続して使えますが、敵に完全に殲滅されたら育成した努力は水の泡。またゼロからです。
外人は特にこの辺りに汚く、自分が負けそうになるとさっさと撤退し、撤退完了間際に空爆→軍事衛星で敵ユニット蒸発を繰り返す。単に敵の精鋭部隊を潰して遊ぶ為だけに戦闘に参加し、即撤退で日本人の育成したユニットを蒸発させる輩がかなり居る。


そういった嫌がらせをした後に「ねえ?今どんな気分www」みたいなメールを英語で送ってくるからタチが悪い。彼らは日本人とやりあうと逆立ちしても勝てないので、どのゲームでも大体嫌がらせとかしますけどね。
エースコンバット6では、
「イエローモンキーのくせに戦闘機とか生意気だぞ!戦敗国のくせに」
Halo Warsでは、
「こっちの戦力が整う前に襲うなんて、ジャップらしいずる賢い戦法だことw」
などなど。テメエの脳の不足具合を棚に上げてくる。
特に致命的な嫌がらせが出来てしまうこのシステムは除去すべきではなかったか。


日本人はオンラインゲームをマニアしかやらないから総じてレベルが高い。加えて360なんて私のような腐れゲーマーしか居ない。そんな中でRTSやエアコンバットシューティングをやる人間なんて本当に限られる。そりゃあ、上手いよ。


日本人は負けたら自分の不甲斐無さに腹を立てるが、外人はどうやら相手の強さに腹を立てるようだし。自分に対して厳しければ、練習や次の戦法を練り直すこともあるだろうが、相手が強すぎるのが許せないような考えでは成長のしようがない。勝ちに拘るのは結構だが、勝つ為の努力をしないでいて勝ちに拘るってのは矛盾している。自分より弱い奴を探している人間は、RTSだろうが格ゲーだろうが総じて半端者。そして、自分は上手いと思い込んでる勘違い君ばかり。


ゲームに真剣に向き合い、上手い人とやっていれば自然と自分の力量を把握できるから、自信過剰になったり、慢心したりなんてないのにねえ。今のゲーマーには純粋にこの精神が足りてない。ゲームを楽しめよ。他人をいじめて楽しむなんて根性がねじ曲がってんぞ。


そして、そんな連中がのさばるようなシステムにしてんじゃねえよ!
とUBIには言いたいが、致命的なバグすら取らないメーカーだから言っても無駄か。

ピックアップ記事

  1. 日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
  2. 書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  3. 物流激変とオリンピックが同人即売会を終わらせるかもしれない
  4. 謹慎と不謹慎のあいだ
  5. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips

関連記事

  1. アキバレビュー

    電撃大王12月号付録『健康美羽』レビュー

    今回は簡易レビューとなります。小さいんで、携帯では撮影困難でした…。…

  2. アキバゲーム

    秋葉原は大混乱の予感

    今日はメルティブラッドの修正ディスクが配布されるということで秋葉原の…

  3. アキバレビュー

    スクールランブル フィギュアコレクション 塚本八雲レビュー

    遅れてしまいましてスイマセン。頭の挿げ替え作業にはまってしまいまして…

  4. アキバゲーム

    【ネタバレ】クラッシュフィーバー記念イベント「ミリオンダックを追え」

    アプリゲーム、クラッシュフィーバーが100万ダウンロードとのこと。それ…

  5. アキバレビュー

    やまとくじびきアンバランス『朝霞小牧&橘いづみ』レビュー

    やまとのくじアンフィギュアですよ~。あんまりレビューされていないような…

人気記事

最新記事

  1. 格ゲーは勝てないからおもしろくない、初心者排除だ問題
  2. ツイッターのタイムラインが消えたりリプライ(会話)だけになる…
  3. 電子書籍の普及は、アダルトパワーの活用しかないと思う
  4. パチスロ機を自宅に導入する際に読んでおきたい家スロのTips…
  5. Xbox ONEでACE COMBAT6(エースコンバット6…
  6. モンスターボールPLUSのインプレッション(レビュー)
  7. 娯楽としてのネットの自由はもういらないのでは?

レコメンド

  1. アキバ系雑談

    書評ブログが成功しない、極めて単純な理由
  2. アキバ系雑談

    電子書籍や音楽、映画等デジタルコンテンツのブロックチェーン構想
  3. アキバ系雑談

    「擬古とギコ猫」流行語は下賤か
  4. KING PRESS

    謹慎と不謹慎のあいだ
  5. アキバ系雑談

    日本が安定しているせいで仮想通貨に乗り遅れてヤバいんじゃないかっていう
PAGE TOP